スポンサーリンク

「お詫び」と「謝罪」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「お詫び」と「謝罪」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ともに謝るという意味を持つ「お詫び」「謝罪」

この記事では、「お詫び」「謝罪」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「お詫び」とは?

申し訳ないという気持ちを相手に伝えることを「お詫び」という言葉で表します。

例えば、期待に応えられなかったり、不快な思いをさせてしまったときなどは「お詫び」するのが適切です。

「謝罪」とは?

言葉の通り、犯した罪に対して反省の意を表すことを「謝罪」と言います。

この場合の罪は、法を犯す重大なものから、刑事罰は負わないものの相手に明確な損害を与えてしまったレベルのものまで含みます。

口頭で気安く伝えるのではなく、正式な場で頭を下げたり然るべき書面で気持ちを伝えたりするのが適切です。

「お詫び」と「謝罪」の違い

分かりやすく言うと、「お詫び」「ごめんなさい」と伝えて許しを請うレベルです。

一方の「謝罪」は、反省とともに金品などの償いを要することもあります。

まとめ

どちらが重い事態に直面しているかといえば、「謝罪」のほうです。

この加減を間違ってしまうと反省する心を疑われて申し訳ないと感じていることすら疑われてしまいます。

謝るときは適した加減でなければ、相手の心に響きません。

大袈裟すぎてもダメ。

不十分ではもっとダメ。

状況を正しく把握し、相手の心情を充分に考慮した謝り方を判断できるようになれば、将来的に必ず役に立ちます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典