スポンサーリンク

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ご教示ください」と「ご教授ください」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

似ている言葉でも意味が全く違う日本語はたくさんあります。

この記事では「ご教示ください」「ご教授ください」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ご教示ください」とは?

読みは「ごきょうじ」です。

感じを見れば分かりやすいかと思いますが教示とは「教える」「示す」の組み合わせです。

頭に尊敬の念をこめた「ご」がついていますので、尊敬する相手に向かって知識や方法を教えてもらいたい時に使う言葉です。

「ご教授ください」とは?

読みは「ごきょうじゅ」です。

感じでは「教える」「授ける」の組み合わせにもなっていることから長期間にわたって教えをいただきたいという意味合いになります。

主に使われる分野は、芸術やスポーツなどです。

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違い

更に分かりやすく説明しますと「ご教授ください」は長期的スパンで教えて欲しいこと。

何かを極めたい時など。

「ご教示ください」は短期間・短時間でサッと教えてもらいたい事を指します。

書類の書き方、相手への接し方など。

まとめ

意外に深い意味までは知らない言葉でしたね。

社会人でも、使い方を知らない人が多いと思います。

使っている人もごく一部の限られた人でしょう。

この言葉の意味を理解して、使える機会があれば相手に一目置かれる存在になれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典