スポンサーリンク

「クレーム」と「コンプレイン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クレーム」と「コンプレイン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クレーム」「コンプレイン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「クレーム」とは?

「クレーム」の意味と使い方について紹介します。

「クレーム」の意味

「クレーム」とは、「当然の権利として要求すること」という意味です。

「クレーム」の使い方

「クレーム」は、誰かに対して当然の権利として要求することを言います。

自分に所有権あるからよこせと言って請求したり、不利益を被った時に、何らかの見返りや損害賠償を要求したりすることを言います。

「クレーム」は英語の“claim”が日本語化した言葉で、元の意味は「当然のこととして要求する」「主張する」です。

自分が損害を被った時に、法的手段として「〇〇という理由により、〇〇して下さい」と相手に求める時に使われます。

ただし、現在の日本では「クレーマー」と言われる様に、「顧客から企業に対して理不尽な要求をすること」という意味でも使われています。

「コンプレイン」とは?

「コンプレイン」の意味と使い方について紹介します。

「コンプレイン」の意味

「コンプレイン」は、「他から損害や不利益を被ったことに対して不平や不満を言うこと」という意味です。

「コンプレイン」の使い方

「コンプレイン」は、他から損害や不利益を被ったことに対して、感情的に不平や不満を言うことを言います。

「どうして欲しい」ということまで含まず、相手に対する愚痴や文句を他人に言う時に使われます。

「コンプレイン」は英語の“complain”が日本語化した言葉で、元の意味は「苦情を言う」「文句を言う」です。

一般的に「コンプレイン」が溜まった結果「クレーム」に発展することになっています。

「クレーム」と「コンプレイン」の違い!

「クレーム」「当然の権利として要求すること」です。

「コンプレイン」「感情的に不平や不満を言うこと」です。

まとめ

今回は「クレーム」「コンプレイン」の違いをお伝えしました。

「クレームは要求する」「コンプレインは文句を言う」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典