スポンサーリンク

「サガリ」と「ハラミ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サガリ」と「ハラミ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サガリ」「ハラミ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サガリ」とは?

「サガリ」は横隔膜の肉のことです。

焼肉屋で提供される「サガリ」は牛の横隔膜を指しています。

横隔膜の肋骨側に位置します。

英語では、ハンギングテンダーといいます。

ハンギングはつるすこと、テンダーは肉や物が柔らかいことを意味します。

「サガリ」は赤身部分が多く、脂肪が「ハラミ」に比べて少なくなっています。

赤身が多いものの、サシが入っています。

「ハラミ」とは?

「ハラミ」は横隔膜の肉のことです。

焼肉屋で提供される「ハラミ」は牛の横隔膜を指します。

横隔膜の背中側に位置します。

牛の「ハラミ」「サガリ」に比べて脂肪分が多く含まれています。

鮭にも「ハラミ」があります。

鮭の「ハラミ」は、お腹部分の脂が多くのった部分のことです。

「サガリ」と「ハラミ」の違い

「サガリ」「ハラミ」は、どちらも横隔膜の肉ですが、「サガリ」は肋骨側、「ハラミ」は背中側で位置が異なります。

また、「サガリ」「ハラミ」を比べると脂が多いのは「ハラミ」です。

関東では「サガリ」「ハラミ」を区別せずに呼ぶことがあります。

まとめ

どちらも横隔膜の肉ですが、「サガリ」「ハラミ」は、肋骨側なのか、背中側なのかという点や、脂ののり具合などが異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典