「スピーチ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「スピーチ」の意味

「スピーチ」という表現は、「人前で内容・主題のある話をすること、その話」「複数の人の前で談話・演説・講演・講義などの意味のある話をすること」を意味しています。

「スピーチ」というのは、「人の前で、何か内容・意味のある話をすること全般」を意味している表現なのです。

「スピーチ」を英語で表現すると、“speech”になります。

「スピーチ」の読み方

「スピーチ」の読み方は、「すぴーち」になります。

「スピーチ」の表現の使い方

「スピーチ」の表現の使い方を紹介します。

「スピーチ」の表現の使い方は、「人前で何か内容のある話(講演・講義・演説・あいさつなど)をする場合」に使うという使い方になります。

例えば、「スピーチのトレーニングをしたお陰で、大勢の人の前でも流暢に上手く話せるようになりました」といった文章で、「スピーチ」という表現を使えます。

「スピーチ」を使った例文と意味を解釈

「スピーチ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「スピーチ」を使った例文1

「大勢の大学生の前で、日本経済の成長可能性についてスピーチしてほしいという依頼を受けました」

この「スピーチ」を使った例文は、「スピーチ」という表現を、「日本経済の成長可能性について、講義してほしい(内容のある話をしてほしい)という依頼を受けた」という意味を持つ文脈で使っています。

「スピーチ」を使った例文2

「ビジネスに関連するレベルの高いスピーチができるようになれば、仕事の幅やチャンスが大きく広がることになります」

この「スピーチ」を使った例文は、「ビジネスに関連するレベルの高い話(講演・レクチャー)ができるようになれば」という意味合いで、「スピーチ」という表現を使用しています。

「スピーチ」の類語や類義語

「スピーチ」の類語や類義語を紹介します。

「講演」【こうえん】

「講演」という表現は、「大勢の人たち(聴衆)の前で、特定のテーマ(主題)や問題意識に沿った話をすること」を意味しています。

その意味合いから、「人の前で意味のある話をすること」を示す「スピーチ」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「講演」という表現を上げることができます。

「レクチャー」【れくちゃー】

「レクチャー」という表現は、「特定のテーマ(主題)や教科の内容に従って分かりやすく話して教えること」「人前で特定の内容を教えるために話して講義をすること」を意味しています。

これらの意味から、「レクチャー」という表現を、「人前で何か内容・テーマのある話をすること」を示す「スピーチ」と近しい類似の意味を持つ類義語として解釈することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典