スポンサーリンク

「セミリタイア」と「アーリーリタイア」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「セミリタイア」と「アーリーリタイア」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「セミリタイア」「アーリーリタイア」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「セミリタイア」とは?

「セミリタイア」は、定年退職の年齢前に勤めていた仕事をやめることです。

仕事をやめた後には、これまでの貯金や不労所得で生活をしていきます。

そのため、「セミリタイア」するには、それなりの資金を用意する必要があります。

また、完全に仕事をしないのではなく、これまで生活の主な収入源としていた仕事以外の仕事をしながら、自分の時間を大切にしながら生活することも意味します。

これまでよりは収入が減りますが、収入源があるのである程度安心して生活できます。

「アーリーリタイア」とは?

「アーリーリタイア」は、早期退職のことです。

早くに退職をして、残りの人生は貯金や不労所得で生活をします。

「アーリーリタイア」をするのは就職したばかりの20代ではなく、主に30代、40代、50代です。

30代と50代では残りの人生の長さが違うので、必要な貯金額が違ってきます。

「セミリタイア」と「アーリーリタイア」の違い

「セミリタイア」は、定年退職前に仕事をやめて、残りの人生は貯金や不労所得、これまでメインで行ってきた仕事とは別の仕事からの収入で生活をしていくことです。

完全に仕事から離れるのではなく、収入を得られる状況にあります。

「アーリーリタイア」は早期退職のことで、完全に仕事から離れて生活をします。

まとめ

どちらも定年退職前に退職をすることですが、その後の人生の過ごし方が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典