スポンサーリンク

「チェック」と「確認」の違いは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チェック」と「確認」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チェック」「確認」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チェック」とは?

「チェック」の意味は数多くありますが、「確認」に対応するものは以下の通りです。

1つ目は「書類などの内容を照合すること」という意味で、表記された内容について、正しいものと照らし合わせてよしとしたものに印をつける作業を言います。

2つ目は「しっかり調べて好ましくないものが入り込むことを防ぐこと」という意味で、事件や事故が起きない様に事前にしっかり調べる様子を言います。

3つ目は「存在や状態を認識しておくこと」という意味で、調査や点検などして状態を把握しておくことを言います。

上記に共通するのは「調べて確かめる」という意味です。

元は英語の“check”が日本語化した言葉で、意味もほぼ同じです。

「チェック」の使い方

「チェック」「確認」の類語として「書類などの内容を照合すること」「しっかり調べて好ましくないものが入り込むことを防ぐこと」「存在や状態を認識しておくこと」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「チェックする・した」と使われたり、副詞として「チェックして」と使われたりします。

基本的に、自分で照らし合わせたり調べたりして確かめることに使われる言葉です。

「確認」とは?

「確認」「かくにん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「はっきりとそうであると認めること」という意味で、直接目で見たり調べたりして確かめることを言います。

2つ目は「疑わしい時や真偽がはっきりしない時に、判断すること」という意味で、ものごとを決定することを言います。

上記に共通するのは「確かめて認める」という意味です。

「確認」の使い方

「確認」「はっきりとそうであると認めること」「疑わしい時や真偽がはっきりしない時に、判断すること」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「確認する・した」と使われたり、副詞として「確認して」と使われたりします。

基本的に、事実をはっきりと確かめて、自分で認識する時に使われる言葉です。

「チェック」と「確認」の違い

「チェック」「自分で照らし合わせたり調べたりして確かめること」という意味です。

「確認」「事実をはっきりと確かめて、自分で認識すること」という意味です。

「チェック」の例文

・『この書類は全てチェック済です』

・『提出する前に必ずチェックして下さい』

・『答えが合っているかチェックする』

・『あのお店は要チェックだ』

「確認」の例文

・『最後までしっかり確認してから電源を落とした』

・『メールの内容をもう一度確認してみてくれ』

・『生存者の確認がまだできていない』

・『正確な集合時間を誰かに確認しておこう』

まとめ

今回は「チェック」「確認」について紹介しました。

「チェック」「調べて確かめる」「確認」「確かめて認識する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典