スポンサーリンク

「ハイヒール」と「パンプス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ハイヒール」と「パンプス」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ハイヒール」「パンプス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ハイヒール」とは?

「ハイヒール」は、ヒールの高さを示す言葉です。

かかと部分の高さを示し、そのかかとの高さ、つまり、ヒールの高さが7センチメートル以上ある靴を「ハイヒール」と呼びます。

「ハイヒール」の語源が英語の「High heels」

高いかかとといった意味を持つ言葉彼来ていることからも、「ハイヒール」の意味がわかります。

また、反対に低いかかと、3センチメートルほどのかかとの場合は、低いヒール、「ローヒール」、4センチメートルから6センチメートルの高さの場合は、「ミドルヒール」「ミディアムヒール」と呼びます。

また、「ハイヒール」の中でもヒールの部分が細いものを「ピンヒール」と呼び、太いヒールは「チャンキーヒール」、円錐のような形をしたヒールを「コーンヒール」と呼びます。

「ハイヒール」を履くことで、美脚効果を維持することができるほか、「ハイヒール」を履くことによって自然と背筋が伸び姿勢を美しくする効果も期待することが可能。

そのような効果を期待し多くの女性が好んで履く靴となります。

「パンプス」とは?

「パンプス」は、靴の種類を示す言葉です。

「パンプス」の特徴は、履き口が大きく開いたもので紐や留め具といったものはありません。

大きく開いた履き口から足を滑らすように履きいれる靴が「パンプス」です。

また、つま先やかかとが覆われているものを示し、ミュールやサンダルなど覆われていないものを「パンプス」と呼ぶことはできません。

「パンプス」の語源は英語の「pump」です。

馬車を運転しやすいように改良されたものを意味し、決して、今のようなフォーマルなイメージのものではありませんでした。

「ハイヒール」と「パンプス」の違い

まず、「ハイヒール」はヒールのタイプを示し、「パンプス」は靴の種類を示すといった全く異なった意味があります。

そのことを踏まえ考えると、「パンプス」という靴の種類の中でもヒールの高さが7センチメートル以上のものを「ハイヒール」と呼ぶということがわかります。

靴の種類には、「パンプス」以外にスニーカーやサンダル、ブーツなどがあります。

その中で、ヒールの高さが7センチメートル以上あれば、サンダルでもブーツでも「ハイヒール」と呼ぶことになります。

しかし、一般的には「パンプス」の中でもヒールが高いものを「ハイヒール」と呼ぶ傾向があり、その使い方が定着されています。

まとめ

このように、「ハイヒール」「パンプス」では、分類するカテゴリーが違います。

「ハイヒール」はあくまでもヒールの高さで靴の種類ではありません。

そのため、サンダルやブーツなど、様々な靴で「ハイヒール」を用いることができます。

そして、「パンプス」は靴の種類です。

このようなカテゴリーの違いを含め、そのうえで、7センチメートル以上もの高さのヒールのものを「ハイヒール」と呼ぶものとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典