スポンサーリンク

「バスソルト」と「入浴剤」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バスソルト」と「入浴剤」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「バスソルト」「入浴剤」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「バスソルト」とは?

「バスソルト」とは、「美肌・新陳代謝促進などに期待できるお風呂に入れる塩」「塩・ハーブ・香料などを混ぜ合わせてつくられた入浴剤」を意味しています。

「バスソルト」には、「天然塩を材料とするもの」「塩成分のうちの硫酸マグネシウムを材料とするエプソムソルト」の種類があります。

「入浴剤」とは?

「入浴剤(にゅうよくざい)」とは、「保温・保湿・良い香りなどの効果効能がある、お風呂に入れる粉末・タブレット」を意味しています。

「入浴剤」というのは「医薬品・医薬部外品に分類されているお風呂に入れる粉末・タブレット」であり、「あせも・湿疹・荒れ性・神経痛・疲労・腰痛などに対する効果効能」の記載をすることができます。

「バスソルト」と「入浴剤」の違い!

「バスソルト」「入浴剤」の違いを、分かりやすく解説します。

「バスソルト」「入浴剤」はどちらも「お風呂(浴槽のお湯)に入れて一定の効果・香りを期待できるもの」ですが、「バスソルト」「塩・硫酸マグネシウムを材料とする入浴剤」であり、「入浴剤」のほうは「塩も含めたさまざまな成分・材料を用いた入浴剤」である違いがあります。

「バスソルト」「美肌・血流促進・保温などの効果」に期待できるとされますが、「化粧品・雑貨」に分類されているため、商品パッケージにそれらの効果効能の記載はできません。

「入浴剤」のほうは「医薬品・医薬部外品」に分類されるため、「あせも・湿疹・荒れ性・神経痛・疲労・腰痛に効く」といった一定の効果効能の記載ができる違いも指摘できます。

まとめ

「バスソルト」「入浴剤」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「バスソルト」とは「塩・ハーブ・香料などを混ぜ合わせてつくられている入浴剤」「塩の成分の硫酸マグネシウムだけで製造されたエプソムソルト」を意味していて、「入浴剤」「医薬品・医薬部外品に分類されるお風呂に入れる粉末・タブレットで一定の効果効能を期待できるもの」を意味している違いがあります。

「バスソルト」「入浴剤」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典