スポンサーリンク

「フロー」と「プロセス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フロー」と「プロセス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フロー」「プロセス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フロー」とは?

「フロー」とは、ずばり流れのことです。

ビジネスフローという使われ方をした場合は、ビジネスの流れという意味になります。

フローとは、英語のflowをカタカナで表記したものからきています。

キャッシュフローやデータフローなど、お金やデータの流れを表すこともあります。

フローという言葉は、経営用語やIT用語として多く使われます。

IT用語では、プログラミングやソフトウェアの開発で使われるフローチャートというものでフローが使われます。

フローチャートは、処理の流れや通信分野では伝送の流れを表しています。

やはりフローは流れという意味が強くあります。

経営におけるフローはお金の流れを表します。

損益計算書の中でフローが現れます。

貸借対照表ではストックがあきらかになりますが、フローが増えるとともにストックも増えていきます。

そのほかにも経済用語で使われるキャッシュフローという言葉があります。

キャッシュフローは資金の流れを意味し、経済主体に対して入ってくる資金をキャッシュインフロー、出ていく資金をキャッシュアウトフローと呼びます。

「プロセス」とは?

「プロセス」とは、結果に至るまでの過程や行程のことを意味します。

結果を想定して、そのために行う準備や手順などによって起きる工程のことを指します。

プロセスは、途中経過という風にも言われます。

会社においては、結果よりもこのプロセスが重視される場合があります。

どのような努力して、経過を辿ったかが見られ評価されることがあるのです。

プロセスは、ビジネスやスポーツにおいてどのような過程を経て結果が得られたのかということに着目することにより、他の人にも参考になるエッセンスを得られます。

また食品の世界では、プロセスチーズというものがあります。

プロセスチーズは、ナチュラルチーズを加工して作られるチーズの種類です。

これも普通のチーズを加工した過程によって得られるチーズという意味があります。

「フロー」と「プロセス」の違い

「フロー」「プロセス」の違いを、分かりやすく解説します。

プロセスが結果のために起こす行動を表します。

一方で、フローは、結果のために集中したりイメージを膨らます精神的なことを表しています。

ビジネスにおいても、スポーツにおいても行動と精神である、プロセスとフローが伴えば、素晴らしい成果を得られるでしょう。

「フロー」の例文

・『今度任せた仕事についてのフローをまとめておいて下さい。』

・『業務効率を上げるために、業務フローをまとめましょう。』

「プロセス」の例文

・『業務のプロセスごとに部署を分けて取り組むようにしよう。』

・『君の成果は、素晴らしいがそれ以上にそこまでのプロセスはもっと素晴らしい。』

まとめ

流れを表す「フロー」と、結果までの経過を表す「プロセス」について見てきました。

どちらもビジネスにおいてよく使われる言葉です。

しっかりと理解して使えるようになりましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典