スポンサーリンク

「マスメディア」と「メディア」の違いとは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マスメディア」と「メディア」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

情報を伝える際に使われるものには「マスメディア」「メディア」があります。

時代や文化によって情報を伝える方法は異なるものですが、それらは「マスメディア」「メディア」という性質で説明することが可能です。

この記事では、「マスメディア」「メディア」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マスメディア」とは?

「マスメディア」とは大衆に向けて情報を発信することであり、その媒体を示す言葉です。

情報を伝える方法としての媒体は色々なものがありますが、「マスメディア」では接頭辞として「マス」という言葉が付いており、これはより大きなものや対象を示す意味があります。

そのために「マスメディア」は常に大量の人や大衆に向けて発信されるのが特徴であり、現代の技術発展に伴ってその形態が大きく変化しているのが特徴です。

「マスメディア」としてよく代表例として挙げられるのは新聞であり、これは活版印刷が発明されたことをきっかけにして爆発的に広まりました。

「マスメディア」はこのように大衆に向けて大量の情報を発信する仕組みになっており、新聞以外にも出版、ラジオ、テレビ放送、インターネットなどによって様々な情報が発信されています。

「メディア」とは?

「メディア」は日本語で媒体という意味があります。

媒体は情報を伝える方法という意味であり、これによって人々は様々な情報を近くから遠くまで手に入れたり交換してきました。

情報を伝える方法は古くから現代まで色々な種類があり、様々な道具も作られました。

例えば古い時代では石板、紙などによって情報を伝えていましたが、やがて様々な技術発展により色々な方法で情報を伝えることが可能になりました。

「メディア」は情報を伝える方法という意味がありますが、同時にコミュニケーション機能を持つという特徴があります。

こちらは色々な種類のものがあり、パーソナルメディア、マルチメディア、ネットワークメディア、マスメディアなどが存在します。

「マスメディア」と「メディア」の違い

「メディア」が情報を媒体するものという意味であり、これを使って多くの人や大衆に向けて情報を発信するのが「マスメディア」となります。

不特定多数に対して情報を送ることから便利な点もありますが、悪影響を懸念する声も上がることがあります。

「マスメディア」の例文

・『マスメディアの功罪について教授は淡々と語っている』
・『マスメディアの発展により世界中の色々な音楽が体感できるようになったのはすごくいいと思います』

「メディア」の例文

・『メディア史の研究は技術や発明の発展と切り離せないものだ』
・『記録媒体としてのメディアは色々なものがありますが、中でもレコードは今でも大好きな商品です』

まとめ

「メディア」という情報を伝える手段を用いて、不特定多数に向けて発信するのが「マスメディア」ですが、高度な情報化社会ではメリットだけではなくデメリットも多くあります。

これを使いこなすためにはメディアリテラシーが必要であり、最近では義務教育でも重要視されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典