「マンション」と「団地」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マンション」と「団地」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マンション」「団地」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マンション」とは?

「マンション」の意味と概要について紹介します。

「マンション」の意味

「マンション」「鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートなどで建てられた、3階建て以上の共同住宅のこと」です。

「マンション」の概要

「マンション」は、鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート、鉄骨造りで建設された丈夫な構造の建物で、3階建て以上の共同住宅のことを言います。

基本的に、1棟の建物を、複数の住居として区分けしてあり、民間企業が仲介や販売をしています。

「マンション」は、宅配ボックスやゲストルームなど、共有施設が充実しているところが多く、中にはフィットネスルームなどがある高級マンションもあります。

防犯セキュリティも充実していて、オートロックや防犯カメラなどが設置されています。

家賃や管理費、修繕維持費などがかかりますが、快適な生活を維持できる様に運営されています。

「団地」とは?

「団地」の意味と概要について紹介します。

「団地」の意味

「団地」「だんち」と読みます。

意味は「同一敷地内に建設されている、共同住宅の群のこと」です。

「団地」の概要

「団地」は、建物のことではなく、ある計画に沿って同じ敷地内に建てられた共同住宅のある地区のことを言います。

「団地」には、地方自治体が運営している公営住宅や、独立行政法人が運営しているUR都市機構、公務員向けの公社住宅などがあります。

敷地内には商業施設や小中学校、幼稚園や保育園などの生活に必要な施設も建設されることが多くあります。

「団地」はマンションよりも家賃が安く、子育て世帯向けに緑や公園が多いと言うメリットがあります。

ただし、エレベーターがなかったり、セキュリティが弱いなどのデメリットもあるのです。

「マンション」と「団地」の違い!

「マンション」「鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートなどで建てられた、3階建て以上の共同住宅のこと」です。

「団地」は「同一敷地内に建設されている、共同住宅の群のこと」です。

まとめ

今回は「マンション」「団地」の違いをお伝えしました。

「マンションは民間経営」「団地は公営」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典