スポンサーリンク

「リアル」と「バーチャル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リアル」と「バーチャル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リアル」「ヴァーチャル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リアル」とは?

現実的、写実的、あるがまま、本物などを指す言葉で、顔を大きくして胴体を小さくした人形などのデフォルメに対してのリアル、本物に対してのリアルなミニチュアなどと言った使い方があり、リアルな世界という言葉では本物そっくりに表現された世界という見方と実際の世界の両方の見方ができてしまいます。

一般には「CGで表現されたリアルな世界」「リアルな世界での自動運転試験」など前に付く言葉で用意に区別ができるようになっています。

「本当に」というニュアンスを含んでいる言葉なので「リアルにひどい目に会った」などという使い方も口語ではあります。

リアルであることを現実性や 真実らしさがあるという意味で、リアリティがあるという言葉も使われ、ヴァーチャルリアリティは仮想現実という意味合いの言葉で、本当にそこにいるかのような感覚のある仮想空間という意味合いになります。

「ヴァーチャル」とは?

仮想的なものを指す言葉で、映像や音で実際には難しい海底を歩く、訓練なしに宇宙飛行をするなどの体験を楽しむことを指すヴァーチャル体験などの言葉があります。

実体のないものというニュアンスが強い言葉で、画面や映像を指しますが、現実のものは存在しないアニメ作品のプラモデルなどをヴァーチャルとは言いません。

ヴァーチャルユーチューバーはリアル(生身の人)ではないユーチューバーでアニメーションのある2Dまたは3DCGで運営されます。

声に関しても自分の声だけでなく変化させた声というケースもあります。

生身ではないだけに服装や髪型などが非現実的なものを使うことができるのも特徴と言えるでしょう。

ヴァーチャル展示会は美術館や住宅展示場、服の展示などをヴァーチャルで行うもので、実物をもとに作成したCGをもとに遠隔で視聴することができます。

「リアル」と「ヴァーチャル」の違い

「リアル」「ヴァーチャル」の違いを、分かりやすく解説します。

現実をさす「リアル」と仮想を指す「ヴァーチャル」は対義語の関係とまではいい難く、リアルなものがあってのヴァーチャルという関係性があり、リアルをCGなどで疑似体験するものがヴァーチャルリアリティとなっています。

運転士の訓練で使用されるヴァーチャルの電車運転シミュレーターでは、運転に必要な機器は実物と同様でヴァーチャルなのは運転席から見える風景となっています。

ヴァーチャルの利点としてはリアルでは起こすことが許されない事故なども体験できることもあり、ヴァーチャル体験によるスリリングなシーンなども現実には体験できないものです。

まとめ

「リアル」「ヴァーチャル」は近い関係性と相反する関係を併せ持つ言葉で、リアルなヴァーチャルという言葉は無理なく使えます。

逆にヴァーチャルなリアルと言う言葉は存在できず、ヴァーチャルだけどリアルという言葉は存在可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典