スポンサーリンク

「リスナー」と「視聴者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リスナー」と「視聴者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では「リスナー」「視聴者」との違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リスナーとは」とは?

「リスナー」とは英語ではリッスン(聞く)する人。

「聞く人」という意味です。

一般的には、ラジオや音楽などを聞く人のことをリスナーと呼びます。

日本ではラジオを聞く人(聴取者)に使われる事が多いです。

「視聴者」とは?

映像やテレビを見る人を指します。

日本で使われる際には、テレビを見る人に使われる事がメインです。

「リスナー」と「視聴者」の違い

英語での使われ方として「視聴者」「テレビジョンビューアー」と呼び、ラジオの「リスナー」を含めて「オーディエンス」とも言います。

日本で使われる際は「リスナー」はラジオを聞く人。

「視聴者」はテレビを見る人という解釈で使われます。

まとめ

どうでしょう。

ご理解いただけましたでしょうか。

「リスナー」は、和製英語ではないものの、英語とは少し違った解釈で使われている日本語ですね。

意外と知らない豆知識ではないでしょうか。

YouTubeは、「リスナー」なのか「視聴者」なのか?と一時論争になったそうですが、YouTubeチャンネルの視聴については「リスナー」でも「視聴者」でもなく「ビューアー」と呼びます。

ニコニコ動画も音声だけなら「リスナー」と呼ばれ、インターネットラジオを聞く人も「リスナー」と呼ばれます。

映像があるかどうかで呼称が変わるのは面白いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典