スポンサーリンク

「九九」と「かけ算」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「九九」と「かけ算」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「九九」「かけ算」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「九九」とは?

「九九(くく)」とは、「小学生低学年(日本では二年生)の段階で暗記させられる、1×1=1から9×9=81までの81個のかけ算の一覧表」のことを意味しています。

「九九」は、「9×9以上の数値も含めたかけ算の基礎知識」として、学習・暗記が必須のものになっています。

「かけ算」とは?

「かけ算(かけざん)」とは、「四則演算の一つである乗算・乗法」のことです。

「かけ算」というのは、「一方の数(被乗数)に対して他方の数(乗数)の回数だけ繰り返して和を取る計算方法」を意味しているのです。

「かけ算」とは「4×8=32、15×20=300」のような乗算であり、すべてのかけ算は「九九の基礎知識」を応用することで回答できます。

「九九」と「かけ算」の違い!

「九九」「かけ算」の違いを、分かりやすく解説します。

「九九」「かけ算」はどちらも「四則演算の一つである乗法・乗算に関するもの」ですが、「九九」というのは「小学生低学年の段階で暗記させられる、1×1=1から9×9=81までの81個のかけ算の一覧表」を意味しています。

「九九」に対して「かけ算」というのは、「暗記した九九の基礎知識を応用して行うことができる、5×10や25×38のような乗算・乗法(一方の数を、他方の数の回数分だけ繰り返して足す)」のことを意味している違いがあります。

まとめ

「九九」「かけ算」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「九九」とは「1から9までの数をお互いに掛け合わせた一覧表・小学校低学年の算数で暗記させられるかけ算の基礎的な知識」を意味していて、「かけ算」「一方の数(被乗数)に対して他方の数(乗数)の回数だけ繰り返して和を取る計算方法・四則演算の一つである乗法」を意味している違いがあります。

「九九」「かけ算」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典