スポンサーリンク

「企業理念」と「ビジョン」の違いは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「企業理念」と「ビジョン」の違いは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「企業理念」「ビジョン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「企業理念」とは?

「企業理念」とは、企業が持つ思想や価値観のことを指します。

また、「企業理念」は、会社で働く個人に対して周知徹底させることで、企業が持つ思想や価値観を植え付けさせたうえで共有する目的も存在します。

つまりは、教育法の一環で会社の思想や理念を従業員と共有することで会社の在り方を示すのです。

「ピジョン」とは?

「ビジョン」は、企業が将来的にそうあるべき姿を示したものです。

簡単に言えば、将来設計という物を「ビジョン」と呼び、将来的に会社はどうなっているかを思い描き、その目標に向かって目標を達成することができれば、「ビジョン」は幻影という言葉ではなくなり、現実という言葉になります。

つまりは、企業が言う「ビジョン」とは、目的が達成されるまでの間は幻影であり続けるのです。

「企業理念」と「ビジョン」の違い

「企業理念」「ビジョン」の違いは、企業という枠組みで通用する思想や価値観であると仮定した場合、「企業理念」は、会社側が従業員となる人物に会社の価値観や理念を押し付ける形で教育することにありますが、「ビジョン」の場合は企業が長期的にプロジェクトを遂行し達成すべくゴールになりますので違いは、企業側が目的を持って活動した結果がどうであるかという違いです。

「企業理念」はあくまで企業の考えなどの他思想を相手に植え付けることだけですので、目的としては教育という名目だけになり、収益を上げ、会社を大きくするという目的は含まれてないです。

会社を大きくするという目的があるのであれば「ビジョン」になり違いは、目的を会社側が大きく持つかどうかです。

「企業理念」の例文

・『わが社の企業理念は、安く仕入れ高く売るである』 この例文は企業の価値観は、安く仕入れて高く売ることにあると述べた例で、教育方針がまさに安く仕入れて高く売ることです。

「企業理念」はあくまで教育の一環であるため、教育方法を述べる場合使用します。

「ビジョン」の例文

・『わが社のビジョンについてだが、海外進出を果たそうと思う』 この例は、会社のトップが海外進出を将来の目的に据えるという例です。

「ピジョン」とあるように目標が海外進出であり、「ビジョン」という言葉は幻影であるが故、目的が達成される間は、幻影という言葉で将来設計を目標に行動するという企業の方針を指しています。

まとめ

「企業理念」「ビジョン」ですが、「企業理念」はどちらかというと企業が従業員側に課する教育で思想などの考えをまとめるものです。

しかし、「ビジョン」は会社が持つ将来の目的であるため、別に目的を達成することができるかどうかは従業員からすればどうでもよいことであるとも言えます。

つまりは、会社のトップは「ビジョン」を持ち、将来設計で会社をどうするかを重要としますが、その企業で働く従業員からすればどうでもよいことであるといえるのが「ビジョン」でむしろ「企業理念」の方が守らなければならないルールになるため、従業員としては「企業理念」の方が優先すべく考えであるとするのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典