「作業」と「仕事」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「作業」と「仕事」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「作業」「仕事」の違いを分かりやすく説明していきます。

「作業」とは?

「作業」とは、仕事の中でも主に肉体労働のことを言います。

「農作業」「単純作業」などと仕事の種類を表す言葉でもあります。

また何かの行為という意味もあります。

「ずっと作業をしていた」などと言いますのは、何かの行動をしているという意味で、仕事の場合だけでなく趣味的なことにも使います。

「仕事」とは?

「仕事」とは、するべきこと、しなければならないこと、という意味と、生計を立てる為に勤めること、職業といった意味があります。

また悪い意味合いですが「しわざ」「所業」といったことも「仕事」と使います。

例えば泥棒が物を盗むことを「仕事が速い」「これはあの連中の仕事だ」「手慣れている、プロの仕事だ」などと言い表すことがあります。

他に、「台所仕事」「針仕事」「お仕事は何をされていますか」「仕事探し」などと使います。

「作業」と「仕事」の違い!

「作業」「仕事」の違いを、分かりやすく解説します。

「作業」とはするべきことで「仕事」の一つです。

ですから「仕事」「作業」はこの意味においては同義語となります。

「作業」の場合は主に肉体労働を伴う「仕事」に使う言葉です。

「農作業」「軽作業」「単純作業」などと、言いますが、どれも体を動かすという点では同じです。

一方の「仕事」とはするべきこと、しなければならないことという意味と、生計を立てる為に働くこと、職業といった意味があります。

またしわざ、所業といった好ましくない意味もあります。

「仕事」といった言葉自体に肉体労働という直接的な意味はないのですが、生計を立てる為の職業という意味がありますので、肉体労働、頭脳労働、どちらも「仕事」という言葉で言い表すことができます。

ただ肉体労働の場合「作業」という言い方をする方が多い印象はあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「作業」「仕事」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

この二つの言葉は同義語として使える意味と、別の意味とがあります。

「仕事」には複数の意味がありますので、正しく理解して使い分けるようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典