スポンサーリンク

「博識」と「博学」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「博識」と「博学」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「博識」「博学」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「博識」とは?

「博識」は、学問としてではなく、幅広く物事を知ることを「博識」と呼びます。

つまり、雑学などを多く所有するものは、「博識」になり、それら知識が役に立てば周囲が「博識」と認めます。

その為、「博識」は、周囲の役に立つ知識でもあるのです。

「博学」とは?

「博学」は、学問として自ら率先的に学んで知識を得た結果です。

つまり、勉強することによって得た知識が「博学」です。

また、「博学」は、他者の役に立つ事柄でなくとも成立するため「博学」は単に勉強で得ることができる知識群だとします。

「博識」と「博学」の違い

「博識」「博学」の違いは、勉強で培われるか、日常生活などで幅広く物事を知ろうとするかです。

「博学」は、あくまで学問として知識を深めることであるため、「博識」のように興味本位という名目で知識を深めるのとは異なります。

よって違いは、興味本位で学ぼうとするか学問として知ろうとするかです。

「博識」の例文

・『博識な者は時として傲慢である』

この例は、座学が多い人物という物は時に物知りであるが故、傲慢になりがちだという例です。

特に、芸能人などの著名人の方に多い問題で、「博識」と呼ばれる人物ほど知識をひけらかしたいが故傲慢にあるという例になります。

・『博識な人物は雑学に秀でている』

この例は、「博識」という人物は雑学を多数持っていることを示しています。

その理由が、「博識」は、座学の多さのことを指すため、「博識」な人物は雑学が多い人物なのです。

「博学」の例文

・『博学を得続けるにはそれ相応の努力が必要』

この例は、学問によって知識を得続ける「博学」という物は、努力によって賄われていることを説いた例です。

「博学」は自ら学問を学ぶ姿勢であるため、「博学」は、延々と続く学問であるという例になります。

・『博学は理論上極めることは不可能だ』

この例は、「博学」という物は、理論として考えた場合、知識を延々と吸収することにあるため、不可能であるとした例です。

「博学」は、学問として学ぶ姿勢を示した言葉であるため、窮めることは不可能であると述べた例になります。

まとめ

「博識」「博学」の違いは、学ぶ姿勢が異なり、「博識」は興味本位で学問に関係のないことまでを知識としていますが、「博学」は学問のみを知識としている違いがあります。

両者とも、極めることは実質不可能で「博識」は、延々と雑学を吸収することにあり、「博学」は学問を究めることにあるため、絶対に極めることは不可能です。

それらを極めたと言い切れる人物はよほど、自分の知識に自信がある人物であると言えますが、問いに対して答えを明確に返すことができない場合、知識不足であるため、極めたと言える状況下ではないため、安易に、「博識」「博学」を極めるというのは不適切に当たります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典