スポンサーリンク

「叱る」と「怒る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「叱る」と「怒る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「叱る」「怒る」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「叱る」とは?

「叱る」「しかる」と読みます。

意味は「目下の者が良くない言動をした時に、指摘し厳しく注意すること」です。

相手に非があるとして、改めさせようとして強い口調でとがめることを言います。

相手の為を思い、成長して貰いたいと思ってする言動であり、叱る人のやさしさも含まれています。

基本的に「子供を叱る」「部下を叱る」など、目上の立場の人が目下の人に対して使う言葉です。

「怒る」とは?

「怒る」「おこる」と読み、以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「不満や不快なことがあり、我慢できずに感情を表すこと」という意味で、「激しく怒る」などと言います。

2つ目は「良くない言動を強くとがめること」という意味で、「失敗して怒られた」などと言います。

「怒る」は、どちらの意味でも「叱る」とは違い、腹を立て、その感情を相手にぶつける時に使われます。

根底に相手への優しさがあったとしても、感情的になるので相手に伝わらないことが多くなります。

「叱る」と「怒る」の違い!

「叱る」「目下の者が良くない言動をした時に、指摘し厳しく注意すること」です。

「怒る」「腹を立て、その感情を相手にぶつけること」です。

まとめ

今回は「叱る」「怒る」の違いをお伝えしました。

「叱るは相手の為を思ってする」「怒るは感情を相手にぶつける」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典