スポンサーリンク

「器量」と「甲斐性」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「器量」と「甲斐性」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「器量」「甲斐性」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

是非ともこの2つの言葉の違いや使い方をマスターして、ご自分で自由自在に使いこなしてみてください。

微力ながらお手伝いの方を致します。

スポンサーリンク

「器量」とは?

最初に「器量」の意味をご説明致します。

「器量」の意味としては、基本的に人望や能力を指す際に使うことが多いのです。

特に大きな組織等を束ねる際に使うことが多いようですので、覚えておいてください。

そして、男性の場合ですと、世間の評価や面目等を意味します。

女性の場合は、容姿を指しておりますので、把握してください。

「甲斐性」とは?

次に「甲斐性」の意味を解説していきます。

「甲斐性」の意味とは、物事を最後までやり抜く遂行能力や根性を指す意味があります。

そして、現代では特に経済的能力を意味しておりますので、是非とも覚えておいてください。

「器量」と「甲斐性」の違い

ここの項目にて「器量」「甲斐性」の違いを説明します。

「器量」「甲斐性」の違いは、上で解説した意味を当てはめていきましょう。

すると違いや使い方までが見えてくるはずです。

前者の「器量」というのは、要するに人格や器を指していると認識してください。

特に男性に使うことが多いですし、女性の場合ですと顔立ち等に使います。

そして、後者の「甲斐性」については、最後までやり抜く遂行能力や、経済的能力を意味しているのです。

以上が「器量」「甲斐性」の違いになります。

「器量」と「甲斐性」の使い方の違い

「器量」「甲斐性」の使い方の違いも、上の違いや意味を見ていくと分かるはずです。

前者の「器量」を使う時は、「彼は中々の器量があるので、この部署を任せても大丈夫だろう」というのがイメージしやすいでしょう。

また、「甲斐性」の場合は、「うちの旦那は本当に甲斐性がない」というのが、分かりやすいことでしょう。

是非ともこれらの使い方の違いを理解して、適切な使い方をしてみてください。

「器量」を使った例文

次は「器量」を使った例文を書いていきます。

・『あの女性は器量がいい』
・『この大組織を束ねるのは相当な器量が必要になってくるはずだ』
・『彼の器量は周囲からも一目置かれている』
・『器量がある人が上に立つべきだ』
・『器量がない人が上にいくと組織が弱体化していく』

「甲斐性」を使った例文

ここでは「甲斐性」を使った例文を書きます。

・『男性は甲斐性がないといけない』
・『甲斐性がない人は何をやってもダメだ』
・『旦那が甲斐性ないので、離婚した』
・『甲斐性を身に着けるために修行した』
・『男は甲斐性が必要だと父親が言っていた』
以上が「甲斐性」を使った例文になります。

「まとめ」

まとめとして、「器量」というのは能力や人望を意味しております。

そして、男性であれば世間の評価や女性は容姿を意味しているので覚えておいてください。

後者の「甲斐性」というのは、最後までやり抜く根性や遂行能力、そして現代においては経済的能力を意味しておりますので、参考にして使いこなしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典