スポンサーリンク

「困難を乗り越える」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「困難を乗り越える」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「困難を乗り越える」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「困難を乗り越える」とは?意味

困難は、非常に難しいことや苦しく悩ましいことを意味します。

一言で困難と言っても、世の中は実に様々な厄介事が待ち受けていますから、事態の様子は実に様々。

困難な事態はそのときどきで変化します。

意味としては、直面した辛い現状から脱した、または解決した状態のことです。

「困難を乗り越える」の概要

望むと望まざるに関わらず、人は生きているうちに何度となく困難な状況に陥ります。

そのときに、逃げるが勝ちとばかりに困難に背を向けてしまうことはとても簡単です。

ストレスを抱えるよりも、逃げて次の局面に向かうことは決して悪いことではありません。

そして、中には敢えて困難に立ち向かい克服しようと試みる人もいます。

その努力の先には、困難を乗り越えた人だけが感じ得る達成感が待ち受けているのです。

このように、乗り越えるためには立ち向かうエネルギーと乗り越えるために相応の知恵や労力が必要になります。

その乗り越えようとする強い気持ちと逞しい姿勢は、困難を乗り越えるために決して欠かすことのできない要素です。

「困難を乗り越える」の言葉の使い方や使われ方

たゆまぬ努力はそれだけで賞賛に値し、その結果、困難を乗り越える術を獲得します。

このプロセスを私たちは尊び、大切に思っています。

そのため、困難を乗り越えることを期待し、期待に応えようとする思想が自然と備わっているのが日本人なのです。

このような前提があるために、誰かを励ます言葉を期待されたときや褒め称えるとき、便利に使われています。

分かりやすい例文を挙げてみましょう。

『君たちは、この困難を乗り越える資質を充分に備えていると信じている』
『天候不良という予測不可能な事態にもめげることなく、様々な困難を乗り越えることができたからこそ、登頂できた』

困難を乗り越えることは簡単ではないため、このような場合に好まれ使われています。

「困難を乗り越える」の類語や言いかえ

非常に大変なことを成し遂げたという意味の言葉に言いかえることができます。

例えば、「障害を乗り越える」はそのままの意味合いとして言いかえられます。

「荒波を乗り越える」「波乱を乗り越える」などの表現は、現状を海に例えて嵐が過ぎ去るまで無事でいられた様子を表していますが、これらも困難を乗り越えると同様の意味です。

まとめ

非常に厳しい現状を乗り切ろうとするためには気力が欠かせません。

もちろん、乗り切るためには知恵や財力も大切です。

それでも、やはり乗り切ろうとする強い気持ち無くして乗り越えられないのもまた事実です。

終わりの見えない困難に立ち向かうことは、実に骨が折れますが、乗り越えた後には大きな幸福感や充足感に包まれます。

そのことが分かっているわけですから、ダメもとで困難を乗り越えるために頑張ることは大いに意味がありそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典