スポンサーリンク

「大事を取る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「大事を取る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「大事を取る」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「大事を取る」とは?意味

よく考えずに行動するようなことをしない、用心して自分の健康を大切にする、という意味です。

「大事」には重大な事柄という意味があり、「取る」には解釈する、判断するという意味があります。

重大な事柄は軽々しく扱うことはできません。

よく考えずに行動するようなことはしないのです。

自分の健康が大事なら、自分の体を大切に扱うことでしょう。

用心して自分の健康を大切にするのです。

「大事を取る」の概要

自分の健康を大切にしたいという人なら、この行動をとっていることでしょう。

風邪をひいてしまったとします。

高熱がでて仕事ができる状態ではないので仕事を休みました。

しばらく休み、薬を飲んでいたら、熱は下がって体を動かせるようになりました。

しかし、数日休んでいた状態であったし、風邪から復帰したばかりなので、いきなり仕事をし始めると体調を崩す心配があります。

もしものことを考えて、熱が下がって動ける状態になっても1日休むことにしました。

これは健康に気を遣って休んでいます。

このことを「大事を取る」といいます。

今度はプロ野球の投手のことで説明します。

プロ野球では1試合あたり1人の投手が何球も投げ、100球近くなることもあるといわれています。

時速100km以上のスピードのある球を何度も投げていれば、肩に負担がかかります。

ある投手は試合開始からずっと投球し続けており、さすがに疲れて様子をみせるようになりました。

しかし、本人はまだまだ大丈夫だといいます。

そうはいっても、監督としては心配です。

無理をして肩を壊して欲しくはないです。

そこで、投手をベンチに返すことにしました。

この行為は投手の体のことを大切にするために行われたものです。

これを「大事を取る」といいます。

「大事を取る」の言葉の使い方や使われ方

ケガや病気をしたときに、この言葉が使われることが多いです。

ケガをして休んだら回復したけど、いちおうまだ休んでおく。

病気から回復したけれど、健康に注意をして激しい運動などはしない、仕事は休む。

こういったことに使われています。

軽々しいこと、乱暴なこと、体を大切にしないことには使用しません。

「大事を取る」の類語や言いかえ

「健康に注意する」「自重」が似たような意味の言葉です。

健康に注意している人は無理をしないことでしょう。

病気などから回復しても、無理せずしばらくは休むこともあると思います。

体の状態を気にして体を大切にしているのです。

このことを「健康に注意する」といいます。

「自重」とは自分の体の状態に注意をして大切にすることです。

まとめ

ケガや病気から回復しても、まだ安心できない状態です。

無理をすれば、また体調を崩す心配があります。

そんなときには、仕事や学校などを休むことがあります。

健康に気を遣って体を大切にしているのです。

そのことを意味する言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典