「失恋」と「離婚」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「失恋」と「離婚」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「失恋」「離婚」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「失恋」とは?

「失恋」の意味と使い方について紹介します。

「失恋」の意味

「失恋」「しつれん」と読みます。

意味は「好きな人への恋愛感情が成就せずに終わること」「恋人と別れること」です。

「失恋」の使い方

「失恋」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「好きな人への恋愛感情が成就せずに終わること」という意味で「片思いの相手に失恋する」などと言います。

こちらは一方的に自分が相手に対して恋愛感情を持っていて、相手からフラれた時に使われます。

2つ目は「恋人と別れること」という意味で、「彼氏と破局して、失恋の痛手が大きい」などと言います。

こちらは相思相愛で付き合っていたカップルが、どちらかの心変わりや浮気などにより、別れた時に使われます。

上記に共通するのは「恋愛感情を拒否される」という点です。

「離婚」とは?

「離婚」の意味と使い方について紹介します。

「離婚」の意味

「離婚」「りこん」と読みます。

意味は「夫婦が、生存中に法律上の婚姻関係を将来に渡り解消すること」です。

「離婚」の使い方

「離婚」は、夫婦が生存中に、法的に成立している婚姻関係を、将来に渡り解消することを言います。

法的に手続きをして初めて認められるもので、ただ別れただけでは「別居」になります。

「離婚」の方法は、それぞれの事情に応じて「協議離婚」「調停離婚」「審判離婚」「裁判上の離婚」などがあります。

原因は、どちらかの浮気や価値観の違い、最近ではモラハラやDVなどによる「離婚」も増えています。

「失恋」と「離婚」の違い!

「失恋」「好きな人への恋愛感情が成就せずに終わること」「恋人と別れること」です。

「離婚」「夫婦が、生存中に法律上の婚姻関係を将来に渡り解消すること」です。

まとめ

今回は「失恋」「離婚」の違いをお伝えしました。

「失恋は恋愛が成就しないこと」「離婚は法律上の婚姻解消」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典