スポンサーリンク

「妖艶」と「艶麗」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「妖艶」と「艶麗」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「妖艶」「艶麗」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「妖艶」から取り上げていきます。

スポンサーリンク

「妖艶」とは?

最初に「妖艶」の意味をご説明致します。

「妖艶」(ようえん)とは、心が奪われてしまうほどに、なまめかしくて美しいさまを表しております。

「色気」にも通ずるものが、あると解釈すると非常に納得がいくはずです。

「艶麗」とは?

次に「艶麗」の意味を解説していきます。

「艶麗」(えんれい)の場合は、容姿端麗で、艶やかな人を指しているのです。

その他には、映画や音楽などに関しても、描写などが非常に美しく、華のあるさまを表しております。

「妖艶」と「艶麗」の違いとは?

ここでは「妖艶」「艶麗」の違いを取り上げてみましょう。

「妖艶」とは、色気が凄まじく、なまめかしい美しさがある人などを指します。

「艶麗」の場合は、艶やかで容姿が綺麗な人のことを、表します。

尚、創作物においても、華やかなものを指す時に、この言葉が使われることがあります。

「妖艶」と「艶麗」の使い方の違い

この項目においては、「妖艶」「艶麗」の使い方の違いを説明します。

「妖艶」を使うときは、一瞬にして目を奪われるほどの、色気を放つ、美しい人などを表す時に使います。

「艶麗」を使う場合、容姿端麗で尚且つ、華やかな人を指すときに使います。

また、創作物の分野でも、美しいもに対して使うときがあるのです。

それぞれの使い方を取り上げます。

前者の使い方

「妖艶な雰囲気をもっている演歌歌手は、藤あや子で決まりだろう」

「妖艶な女性って、小さい頃から、色気があるのかもしれない」

後者の使い方

「非常に艶麗な女性なので、職場でも人気がある。芸能人にでもなれるはずだ」

「艶麗な表現できる監督は、貴重だと思う。この映画は傑作となるに違いない」

「妖艶」を使った例文

ここでは「妖艶」を使った例文を書いていきます。

・『妖艶な雰囲気と顔が、当時の男性には、人気があったのだろう』

・『女性であれば、妖艶な雰囲気に憧れるはずだ』

・『妖艶な女性の絶対条件として、和服が似合うことが、絶対条件だと思う』

・『男性でも妖艶な人は、存在すると思います。そのような男性は、同性からも憧れの対象となることでしょう』

・『時代によって、妖艶の条件も違ってくるのだろう』

「艶麗」を使った例文

最後の項目においては、「艶麗」を使った例文を書きます。

・『彼女は昔、幼かった。しかし今では、艶麗な女性になりました』

・『艶麗な女優さんが、年々減少しているように思う。昭和の女優さんは艶麗な人が多かった』

・『艶麗な雰囲気を身に纏うには、清潔感が大切だ』

・『ライターとして、艶麗な文章を書けるように、なりたい』

・『美意識を持つことが、艶麗に近づく、第一歩だと思っている』

まとめ

まとめとして、「妖艶」とは、非常に色気が強く、心が奪われるほどに、なまめかしくて美しいことです。

また、「艶麗」の方は、容姿端麗で、文句のつけようがないほどに美しいさまです。

尚、創作物において、美しい表現などがあるときに、使う言葉になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典