スポンサーリンク

「学歴フィルター」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「学歴フィルター」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「学歴フィルター」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「学歴フィルター」の意味

就職活動の際に一定の基準を満たさない大学の卒業者を切り落とすこと

「学歴フィルター」の解説

「学歴フィルター」は就職活動の際に使用される言葉で、一定の基準を満たす大学の出身者以外は切り落とすことを意味します。

就職活動では、その人物がどういった人柄なのか、就職してから企業にどのような貢献をしてくれるのかが、本来重視されるものですが、「学歴フィルター」はこういったことは関係なく、大学名だけで採用者を決めます。

「学歴フィルター」を行っている企業が、どういった基準を設けているのか明確にはされていませんが、「MARCH」「関関同立」と呼ばれる大学以上が目安となっているようです。

「学歴フィルター」の使われ方

就職活動の際に「学歴フィルター」という言葉を使用します。

「あの企業は学歴フィルターを採用している」のような使われ方をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典