「富裕層」と「庶民」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「富裕層」と「庶民」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「富裕層」「庶民」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「富裕層」とは?

「富裕層」とは、財産がたくさんある階層に属している人たちのことを言う言葉です。

階層(界層)とは社会的地位が大体同じ人々の集団という意味になります。

簡単に言えば「富裕層」とはお金持ちの人たちということです。

「富裕層に今人気なのは〇〇」「富裕層がターゲットなので、庶民に不人気でも関係ない」「かつては富裕層しか持てなかったイメージが強いが、今は誰でも買おうと思えば買える」などと、使います。

「庶民」とは?

「庶民」とは、一般市民のことで、社会的特権を持たない人といった意味があります。

また貴族、武士に対して、平民という意味合いもあります。

「お金持ち」「権力者」ではない人といったイメージで使いますので「庶民的」と言えば、気取りがない、親しみやすい感じということなのです。

「庶民的なお店」「私のような庶民に、このような大金が用意できるわけない」「あの店はセレブしか相手にしない、我々庶民が行くところじゃない」などと、使います。

「富裕層」と「庶民」の違い!

「富裕層」「庶民」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は、日常会話においても使われることが多いですが、意味としてはまったく逆ととらえて差し支えないでしょう。

「層」とは人を身分、生活、意識などにより分けた集団という意味を持つ言葉ですので「富裕層」はお金を沢山持った人たちということになります「富裕層」「富裕」とは財産がたくさんあること、裕福であることという意味です。

一方の「庶民」とは、一般市民、社会的特権を持たない人という意味ですので、簡単な言葉で言えば「普通の人」となります。

「富裕層」に対しての「庶民」の意味は「富裕層ではない一般的な人」と理解しますとわかりやすいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「富裕層」「庶民」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

「富裕層はお金を持っている人たち」「庶民とは一般人」と簡単に覚えておきましょう。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典