「就職活動」と「転職活動」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「就職活動」と「転職活動」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「就職活動」「転職活動」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「就職活動」とは?

「就職活動」の意味と使い方について紹介します。

「就職活動」の意味

「就職活動」「しゅうしょくかつどう」と読みます。

意味は「長い間仕事から離れていた人が、改めて勤め先を探す為の活動」「学生から社会人になる人が働く会社を探す活動」です。

「就職活動」の使い方

「就職活動」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「長い間仕事から離れていた人が、改めて勤め先を探す為の活動」という意味で、一度会社に勤めた経験があり、何らかの事情で退職した人が、時間が経ってから再度働く場所を探し始めることを言います。

前の仕事と同じ職種を探すこともあれば、未経験の職種に興味を持って探すこともあり、「中途採用」扱いになります。

2つ目は「学生が社会人になる為に、働く会社や仕事を探す活動のこと」で、会社説明会に行ったり、採用試験を受けることを言い、「新卒」扱いになります。

どちらも共通するのは「新しく仕事を探して活動すること」です。

「転職活動」とは?

「転職活動」の意味と使い方について紹介します。

「転職活動」の意味

「転職活動」「てんしょくかつどう」と言います。

意味は「現在仕事に就いてる人が、他に働く場所を探して移る為の活動のこと」です。

「転職活動」の使い方

「転職活動」は、現在仕事に就いている人が、何らかの事情で他に勤め先を変える為の活動のことを言います。

在職中に求人に応募して採用試験を受けることが多いのですが、中には行動しにくいことから、一度会社を退職してフルに活動する時間に充てる人もいて、その様な場合は仕事を離れても「転職活動」と言います。

「転職」も、同じ職種で探すこともあれば、未経験の職種を探すこともあります。

「就職活動」と「転職活動」の違い!

「就職活動」「無職者や学生が、新しく勤め先を探す活動のこと」です。

「転職活動」「現在仕事に就いてる人が、他に働く場所を探して移る為の活動のこと」です。

まとめ

今回は「就職活動」「転職活動」の違いをお伝えしました。

「就職活動は新しく仕事を探す」「転職活動は勤め先を変える」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典