スポンサーリンク

「待合室」と「控え室」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「待合室」と「控え室」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「待合室」「控え室」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

是非ともこの2つの違いや使い方をマスターしてみてください。

そして、適切と思われる場面にて活用してくださることを祈っております。

スポンサーリンク

「待合室」とは?

最初に「待合室」の意味を解説していきます。

「待合室」の意味とは、基本的に病院等で患者さんたちが自分の順番や時間が来るのを待つ場所と認識してください。

特に病院へ通院している人にとっては、非常に分かりやすいシーンかと思いますので、是非とも把握しておいてください。

「控え室」とは?

次は「控え室」の意味としては、こちらは自分の時間や出番が来るのを控えて待っている部屋です。

病院のシーンでも使えるのですが、一般的には芸能人が自分の出番が来るのを待っている控室をイメージしていただけると非常に分かりやすいはずです。

「待合室」と「控え室」の違い

ここの項目にて「待合室」「控え室」の違いを解説していきます。

一見すると同じような意味合いとしても理解できるのですが、上で解説した内容を照らし合わせていただけると違いを理解できるはずです。

「待合室」とは、病院や駅で時間が来るのを待つ部屋と認識してください。

「控え室」とは、ステージ関連の仕事している人が自分の時間や出番が来るのを控える部屋と認識していただくのがベストです。

したがって使い方も、このようになるでしょう。

前者の場合は、「今日は病院の待合室が混雑しているようで~」という使い方が妥当です。

また後者の場合は、「そろそろ自分の出番が来るので、控え室をいつでも出られるようにしようと思い~」という使い方がそのシーンを想像できることでしょう。

「待合室」を使った例文

・『待合室の掃除しなくてはいけない』
・『待合室は感染症対策が徹底されているようだ』
・『病院の待合室は密になりやすい』
・『会社の待合室に母が来たようだ』
・『待合室の蛍光灯が切れてしまったので、交換しよう』

「控え室」を使った例文

・『芸能人の控え室はきちんと清掃されているようだ』
・『あのアーティストは、控え室に入ると仕事モードとなるようだ』
・『今日の病院の控え室は、ガラガラだ』
・『控え室に入ってもファンへのサインなどの仕事があるようです』
・『控え室の備品は持ち帰ってはならない』

「まとめ」

まとめとして、「待合室」というのは病院や駅等で人や時間、順番を来るのを待つ部屋です。

「控え室」は、ステージ関連の仕事している人間が自分の出番が来るのを控えて待つ部屋です。

病院等のシーンでも使われることがありますので、把握されておくといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典