「怠惰」と「怠慢」の違いとは?分かりやすく解説

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「怠惰」とは?

「怠惰」の読み方は「たいだ」となります。

「怠惰」いう言葉は、耳にしたことがある方も多いはずです。

やはり身近な言葉なので、しっかりと「怠惰」について理解しましょう。

「怠惰」とは、すべきことをやらずに怠けているような、だらしない性質や様子を表します。

なので、責任感がなかったり、向上心のなさ・外見がだらしない風貌や楽観的など、あまり好ましい使い方をするような言葉ではないため、「怠惰」と聞いたらマイナスイメージを持つべきだと考えてよいでしょう。

「怠慢」とは?

「怠慢」の読み方は、「たいまん」となります。

「怠慢」という言葉は、今まで聞いた事があるといったケースも多々あり、やはり身近な言葉なので理解しましょう。

「怠慢」は、怠けており、仕事や義務を怠ることを表しています。

なので、面倒だなぁと思ったり、怠けている態度でやるべきことをなさない、おろそかにすることを言います。

「怠慢」態度として表現することもあるので、活用の仕方なども理解しておくと文章作成時にスムーズに活用することができます。

「怠慢」について、やはり好ましい使い方をする言葉ではないため、「怠慢」を使った表現は怠けているような姿をイメージすることになります。

「怠惰」と「怠慢」の違い

「怠惰」「怠慢」の違いについてご説明します。

「怠惰」は、やるべきことをやらずに怠けていることや外見がだらしない風貌で向上心もなくダラダラしているような様子です。

「怠慢」は、怠けているので仕事ややるべきことをおろそかにしている様子です。

この説明により、外見からしてダラけており、全く向上心もなくやる気がない姿は「怠惰」の方であり、「怠慢」とは怠けていることでやるべきことをやらないダラけている様子です。

この説明により、「怠惰」「怠慢」の違いは把握することができるはずです。

「勤勉」の対義語は?

「勤勉」の対義語は、「怠惰」「怠慢」などを意味しています。

「勤勉」とは、仕事や勉強に一所懸命に励むことを表現している言葉なので、真面目に仕事や勉強など取り組んでいる方を「勤勉」として表します。

信頼をおけるようなタイプの方は「勤勉」という言葉を用いるため、色んな場面で活用したり、耳にすることがあります。

「勤勉」は褒め言葉でもありますし、信頼できる人材として言われるので、きちんと意味を理解しておくことで、上手に文章作成時に活用することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典