スポンサーリンク

「方言」と「訛り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「方言」と「訛り」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「方言」「訛り」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「方言」とは?

「方言」とは、ある特定の地域だけで使用される言葉、発音などの言語体系のことを指す言葉です。

現在の日本では、全国的な言語体系を統一するために標準語があり、それ以外は「方言」と言う事も出来ます。

従って、「方言」の要素としては、標準語にはない言葉、標準語とは違う発音などがあると言い換える事も出来ます。

一般的に、「方言」は『関西弁』や『津軽弁』の様に、その地域名を付けた「~弁」と呼ばれています。

「訛り」とは?

「訛り」とは、地域特有の発音のことで、先に記載した「方言」の特徴である要素の1つです。

この「訛り」は、アクセント、イントネーション、発声法の違いで構成されています。

その要素のアクセントとは、単語で強調して読む部分のことです。

またイントネーションとは、文章の中で強調する場所のことで、このイントネーションは話し手の感情を表すという役割を持っているものです。

さらに発声法とは、声を発する方法のことです。

東北弁がズーズー弁と呼ばれる事もありますが、これは東北弁が持つ独特の発声法を指す例です。

標準語で書かれた文章を各地方の人に読んでもらうと、何となく変に感じる事があるはずです。

これはそれぞれの地方の「訛り」が出てしまうためです。

「方言」と「訛り」の違い

「方言」とは、ある特定の地域だけで使用される言葉、発音などの言語体系のことを指す言葉で、標準語以外の言葉は、すべて「方言」と言えます。

「方言」の要素としては、標準語にはない言葉、標準語とは違う発音などのい2つの要素があります。

一方の「訛り」は、地域特有の発音のことで、アクセント・イントネーション・発声法のいずれかが、標準語のそれと異なる場合を意味する言葉です。

すなわち、「方言」は標準語と違う言葉と「訛り」 によって構成されている言語体系と言えます。

従って、「方言」「訛り」は同義語ではなく、その関係性は、「訛り」「方言」の要素の一つだと言う事が出来るのです。

まとめ

「方言」とは、ある特定の地域だけで使用される言葉、発音などの言語体系のことを指す言葉です。

標準語以外の言葉は、すべて「方言」と言う事が出来ます。

一方の「訛り」は、地域特有の発音のことで、アクセント・イントネーション・発声法のいずれかが、標準語のそれと異なる場合を意味する言葉です。

以上の事から、「方言」は標準語と違う言葉と「訛り」によって構成されている言語体系と言えます。

従って、「方言」「訛り」は同義語ではなく、その関係性は、「訛り」「方言」の要素の一つだと言う事が出来るのです。

「方言」の要素であるその地方独特の言葉は、それが標準語でない事を認識できれば話すのを止める事は比較的容易です。

しかし「訛り」は簡単に抜けるものではなく、地方から東京に来られた方は、「訛り」の矯正に苦労されるものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典