スポンサーリンク

「是非」と「要否」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「是非」と「要否」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「是非」「要否」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「是非」とは?

「是」「非」が組み合わさり完成する「是非」

「是」には、正しい、正しいと認める、といった意味があり、「非」には、正しくない、あやまち、といった意味があります。

その漢字が組み合わさり「是非」が完成し、意味は、そのまま、正しいことと正しくないこと。

また、正しいかどうかということ。

となります。

そのほか、「是非」には、物事の良いこと、悪いことを議論し判断する、批評する、といった意味もあります。

「是非」の類語には、「善し悪し」「善悪」「好悪」「良不良」「可不可」「可否」などがあります。

「是非」の使い方

「是非」の場合、「是非を問う」「是非を論じる」「是非を判断する」「是非を巡る」「是非を検討する」「是非に及ばない」などといった表現方法となります。

これは、あくまでも、善し悪しを意味する「是非」の表現方法となり、強調する意味で用いる場合は「是非に」「是非とも」といった表現方法となります。

「要否」とは?

「要」「否」が組み合わさり完成する「要否」

「要」には、必要であること、といった意味があり、「否」は、否定の意味を持ちます。

そのことから、「要否」の意味は、必要か否かという意味となります。

「要否」の類語には、「必要か否か」「要不要」「必要不要」などがあります。

「要否」の使い方

「要否」の場合、「要否を問う」「要否を判断する」「要否判定」などといった表現方法があります。

「是非」と「要否」の違い

何と何を比べているのか、比較しているのか、といった違いがある「是非」「要否」

「是非」は、正しいか、正しくないか、を比較しているのに対し、「要否」は。

必要か、必要でないか、を比較している言葉となります。

そのため、「是非を問う」「要否を問う」とでは、正しいか、正しくないかを問うといった意味と、必要か、必要でないかを問うといった異なった問いになります。

「是非」の例文

・『今、是非を論じているときでしょうか。それよりもやるべきことがあるはずです。』
・『今回の件において、今から是非を問いたいと思います。』
・『是非を問うにあたり、その前に何か質問等はありませんか。』
・『是非を巡り、夜遅くまで会議が続きました。』

「要否」の例文

・『準備が必要なので、至急、要否のご連絡を頂けないでしょうか。』
・『今回、生活困窮者の保護の要否について議論されました。』
・『作業の要否を調べ結果報告してください。』
・『業務で使用している車のタイヤ交換の要否を確認する必要がある。』

まとめ

「問う」「判断する」など表現方法が同じになることも多い、「是非」「要否」ですが、何を「問う」っているのか、「判断する」のかと意味が異なるため、決して間違って使用してはいけない言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典