スポンサーリンク

「昼寝」と「仮眠」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「昼寝」と「仮眠」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「昼寝」「仮眠」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「昼寝」とは?

「昼寝」は午後から一時的に睡眠をとる行為で睡眠をとることで体の疲れをいやす行為をさしますが、ただ単純に寝ているだけとする場合もあります。

例を挙げますと、仕事で疲れていて一時的に睡眠をとる必要性がある場合、「昼寝」ですが、これと同じように疲れてなくともほかにやることがないが故寝ていたほうがましであるとした場合昼に寝る行為を行えば昼寝が成立します。

「昼寝」の使い方

「昼寝」はお昼に寝るという行為をさすので昼に寝る行為を行えば昼寝が成立し、何時間寝るのかはどうでもよいです。

つまりは、昼に寝ている者や寝る行為を昼寝という言葉を用いて表現するのです。

ただし、昼を超えて寝た場合、「昼寝」は成立せず、「仮眠」となります。

「仮眠」とは?

「仮眠」は疲れなどをとる行為や寝ることで安全を確保するためにとる行為をさします。

例を挙げると、寝ることで疲れが取れるというのは運送などで長時間自動車で移動を必要とする場合、睡眠をとらなければなりません。

こうしたお仕事の間に睡眠をとることで体の疲れをとることができる行為を「仮眠」と呼び、寝る行為をさします。

なお、「仮眠」はいつとるかという決まりはないので、「仮眠」をとるものはいつ睡眠をとってもよいとします。

「仮眠」の使い方

「仮眠」はいつでもよいので、睡眠をとる行為を取れば、成立します。

時間が特に決まりがないのが「仮眠」でこれを時間を指定して睡眠をとる行為とした場合、「昼寝」「就寝」という言葉で表現し、「就寝」は人間が体を本格的に休ませるための睡眠です。

「昼寝」と「仮眠」の違い

「昼寝」はお昼に睡眠をとり体を休めたり、あえて暇をつぶす手段として睡眠をとることで一時的に体をいやす行為を意味します。

「仮眠」も同様に睡眠をとることで体をいやす行為ですが異なる点は、睡眠をとる時間は別にいつ睡眠をとってもよいという違いがあります。

両者ともにぐっすりと睡眠をとり、体をいやす行為ではないので、ぐっすりと睡眠をとる場合、「就寝」という言葉を用いて疲れを本格的にとるとするのです。

「昼寝」の例文 ※例文は箇条書き

・『昼寝というには寝すぎた』
この例は、昼の間に少しの睡眠をとろうとしたのにも拘らず、おそらく夕方近くまで寝てしまい、昼と呼べる時間を過ぎたという例です。

「昼寝」はお昼の間に睡眠をとることを意味するため、お昼を超えた場合、「昼寝」ではなくなります。

「仮眠」の例文

・『少しの間仮眠を取ろう』
この例は少しだけ睡眠をとろうという例です。

「仮眠」は眠る時間を指定しないのでこの場合、昼に睡眠をとってないと予測することが「仮眠」という言葉からわかります。

まとめ

「昼寝」「仮眠」の違いですが、お昼に睡眠をとりお昼が成立する間休むものは「昼寝」でそれに該当しない睡眠をとる行為を「就寝」「仮眠」予備区別します。

「仮眠」も少しの間だけ休む行為ですがこちらはお昼であるという条件はなく、朝であろうと夜であろうと少しだけ睡眠をとり疲れをとることができれば「仮眠」が成立します。

逆に「熟睡」による体を本格的にいやす行動の場合は、「就寝」という言葉を用いて完全に眠りに落ちて体を休める行為とするのです。

「昼寝」「仮眠」も体をいやすために一時的に睡眠をとる行為であることには変わりはないのですが、問題となる部分は、「昼寝」はあえて何もすることがない場合、寝ていたほうがましであると考えた場合、わざと眠りにつくことで体力を回復させるという行為に発展させることも可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典