スポンサーリンク

「暗記」と「記憶」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「暗記」と「記憶」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「暗記」「記憶」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の違いや使い方をマスターして、ご自分で楽しく使えるようにしてみてください。

スポンサーリンク

「暗記」とは?

最初は「暗記」の意味をご説明致します。

「暗記」の意味としては、例えば間の前にある問題集の文章や数式等を頭の中に叩き込み、よく覚えていることを意味しております。

また、咄嗟に説明等ができる場合も「暗記」が得意と周囲からは認識されるようになります。

是非とも「暗記」の意味を覚えておいてください。

「記憶」とは?

次は「記憶」の意味を解説していきます。

「記憶」の意味としては、自分が昔に体験したことを、絶対に忘れずに心にあることを意味しております。

そして、心理学やコンピューターのデータ等にも「記憶」という言葉は度々出てきますので、把握してください。

「暗記」と「記憶」の違い

ここでは「暗記」「記憶」の違いを解説します。

基本的に「暗記」「記憶」の違いは、上の意味を理解していただくと違いや使い方まで見えてくるはずです。

「暗記」というのは、過去のテストや問題集の内容を、何も見なくても、簡単に説明できてしまったり、頭の中に叩き込んであることを意味しているのです。

そして、「記憶」というのは、自分が体験した昔のことを、絶対に忘れずに(忘れられない)心にあることを指しているのです。

以上が「暗記」「記憶」の違いとなりますので、把握しておいてください。

「暗記」と「記憶」の使い方の違い

次は「暗記」「記憶」の使い方の違いを見ていきましょう。

「暗記」を使う場合は、「彼は昔から暗記が得意なのだ」という使い方が分かりやすいでしょう。

そして、「記憶」を使う時は、「彼の記憶力は非常に優秀だ」というのがイメージを持ちやすいはずです。

以上が「暗記」「記憶」の使い方の違いとなりますので、参考になれば幸いです。

「暗記」を使った例文

ここでは「暗記」を使った例文を書いていきます。

・『暗記が得意な人はテストでは有利だ』 ・『私は非常に暗記が苦手だ』 ・『暗記が得意なので、勉強が楽しい』 ・『暗記が苦手な人は、地道に努力すれば何とかなると言っていた』 ・『暗記は得意でも、どうしても数学は苦手と言っていた』 以上が「暗記」を使った例文になりますので、覚えておいてください。

「記憶」を使った例文

次は「記憶」を使った例文を書きます。

・『記憶力の良い人を敵に回すと怖い』
・『戦時中の記憶は忘れられないと言っていた』
・『昔の記憶なので少々曖昧な説明になってしまう』
・『記憶と記録は被ってしまうことがある』
・『子供の頃の記憶は今でも鮮明に覚えている』
以上が「記憶」を使った例文になりますので、是非とも把握しておいてください。

「まとめ」

まとめとして、「暗記」というのは目の前にある問題集の内容や過去のテスト等の内容を簡単に説明できることや、覚えて ることを指します。

そして、「記憶」の場合は、昔に自分が体験したことを忘れずに心にあることを意味しておりますので、是非とも参考にして使いこなしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典