「最善を尽くす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「最善を尽くす」の意味

「最善を尽くす」の意味は以下の2つです。

1つ目は「その時にできる手段の中で、最も良いと思われることを全てやること」という意味で、問題が起きた時に、現在考えられる中で最も良い方法から試していくことを言います。

それで解決しなければ次、また次と、できることを全て行う時の表現です。

2つ目は「全力でものごとの解決に当たる」という意味で、その人が持っている技術や知識、経験などを生かして努力することを言います。

難しい手術や治療を任された医師が使うことが多くなります。

「最善を尽くす」の読み方

「最善を尽くす」の読み方は、「さいぜんをつくす」になります。

特に難しい漢字ではないので読み書きせできる様にしておきましょう。

「最善を尽くす」を分解して解釈

「最善を尽くす」「最善+を(助詞)+尽くす」で成り立っています。

「最善」とは「一番良いこと」「出来る限りのこと」という意味があります。

「尽くす」「ある限りを出し切る」「そのことを極める」「果たす」「何かの為に精一杯努力する」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり「一番良いことを最後まで果たす」「出来る限りのことを出し切る」という意味で使われています。

「最善を尽くす」の表現の使い方

「最善を尽くす」の表現の使い方を紹介します。

文法的な使い方

「最善を尽くす」は動詞を含んだ表現であり、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「最善を尽くして」になります。

人により内容が違う

「最善を尽くす」「最も良いことを全てする」「全力で当たる」という意味ですが、その内容や程度は人により違ってきます。

その人が考える中で一番のこと、その人が出来る限りのことを行う時の表現であり、誰もが同じとは限りません。

「最善を尽くす」を使った例文と意味を解釈

「最善を尽くす」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「最善を尽くす」を使った例文1

「納品日に間に合わせる様に最前を尽くす」

重要な顧客からのオーダー品が納期日に遅れそうな状態であることが分り、工場や配送業者に連絡をしたり自分が取りに行くなどして、とにかく間に合わせる様に努力しています。

「最善を尽くす」を使った例文2

「医師が最善を尽くすと約束してくれた」

家族が難しい手術を受ける時に、医師から「努力します」と約束して貰ったことを表しています。

「最善を尽くす」の類語や類義語

「最善を尽くす」の類語や類義語を紹介します。

「粉骨砕身」【ふんこつさいしん】

「自分の身体や精神が続く限りあらゆる努力すること」という意味です。

「手を尽くす」【てをつくす】

「ものごとの実現や問題解決の為に、できる限りの手段を試みること」という意味です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典