スポンサーリンク

「決済」と「決算」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「決済」と「決算」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「決済」「決算」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「決済」とは?

「決済」には、代金・証券・商品などを受け渡し、売買取引が終了することという意味があります。

「キャッシュレス決済」という場合は、クレジットカード、電子マネー、プリペイドカードなど、現金以外の方法で支払い、売買取引を終了させることを意味します。

「売買」とは売ることと買うこと、「取引」とは商人と商人、または商品と客との間で行われる経済活動のことです。

「決算」とは?

「決算」には、金銭の勘定を締めくくることという意味があります。

一定期間の収支をまとめることを意味します。

「収支」とは、収入と支出のことです。

「決済」は、企業会計が財政状況をあきらかにするために行うものや、国や地方公共団体が行うものとがあります。

「決済」と「決算」の違い

「決済」は、代金や商品を受け渡して、取引を終了させることを意味します。

お店で飲食をした、その代金をクレジットカードで支払いを済ませた、といったことが「決済」です。

「決算」は、一定期間の収支をまとめることを意味します。

企業が期末に収入と支出を計算して財政状況を確認することなどが「決算」です。

まとめ

「決済」「決算」は、漢字一字違いの言葉ですが、この2つが意味するものは異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典