スポンサーリンク

「熱烈」と「熱狂」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「熱烈」と「熱狂」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分が好きなことは、つい時間を忘れて夢中になってしまうものです。

この記事では、「熱烈」「熱狂」の違いを分かりやすく説明していきます。

よくある感情の微妙なニュアンスの違いを、正しく学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「熱烈」とは?

熱烈とは大好きなことに、とくに夢中になること。

またその時の気持ちの高ぶりをあらわしています。

興奮していて、思わず我を忘れてしまうような激しい様子です。

熱烈の「熱」はからだが熱くなるくらい、何かに集中している状態をさしています。

また熱烈の「烈」にはそそり立つ炎という意味もふくまれていて、炎のように激しく燃える様子をつたえています。

つまり熱烈とは、メラメラ燃える炎のように熱い状態のこと。

例文を挙げるなら「有名アーティストがファンから熱烈な歓迎を受けた」「熱烈なサポーターが、黄色い声援をおくった」などの言い方をします。

どちらも自分が好きな人やチームに対して、熱いラブコールを送っている様子をさしています。

はちきれそうな思いをコントロールできず、非常に興奮している状態が想像できます。

「熱狂」とは?

熱狂とは狂わんばかりに、興奮していることです。

周りの景色が目に入らないくらい神経が研ぎ澄まされていて、とても熱中している様子をあらわしています。

熱狂の「熱」は先ほどと同じ、からだが熱っぽくなるくらい集中していること。

熱狂の「狂」は興奮のあまりに落ち着きがなくなり、慌ててしまう「尋常ではない状態」をさしています。

つまり異常なくらい、興奮してしまう気持ちが熱狂になります。

例文を挙げるなら「バブルが熱狂した」「メダリストは熱狂的なファンに囲まれた」などがあります。

熱狂には度を越したというニュアンスも含まれるので「熱狂的なファンが、有名芸能人の自宅に侵入した」など、良くない出来事を伝えるときに用いられることもあります。

「熱烈」と「熱狂」の違い

「熱」という言葉が付いているので、ニュアンスの差が分かりにくいのが「熱烈」「熱狂」です。

「熱烈」「熱狂」の違いを、分かりやすく解説します。

正しい使い分けができるようになると、日本語の知識がぐっと深まります。

・軽いか重いかの違い 熱烈も熱狂も、自分がとても大好きな人や物に対して使われる言葉です。

どちらも興奮していて我を忘れるくらい、のめり込んでいる状態をさしています。

ただ比較をするのであれば「熱烈」の方がやや軽く「熱狂」の方がやや重たいという程度の差があります。

熱狂は「狂う」という文字が含まれているので、熱烈にくらべて激しく興奮している様子をあらわしています。

正気の沙汰ではない…というニュアンスも含まれているので、より強い「愛情」をしめすのが熱狂になります。

まとめ

「熱烈」は大好きの気持ちが高まって、感情が高ぶっている様子。

「熱狂」は気が狂うくらい興奮している状態をさしています。

どちらもお気に入りの人やチームに対して用いる、愛情表現のひとつです。

炎のように燃えてしまうくらい、夢中になれることがあるのは案外幸せなことかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典