スポンサーリンク

「爆買い」と「大人買い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「爆買い」と「大人買い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「爆買い」「大人買い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「爆買い」とは?

「爆買い」には、通常ではありえないほどの量を一度に購入するという意味があります。

中国人が日本に観光にやってきて、日本の製品を大量に購入するさまから作られた言葉とされています。

「爆」という漢字には、はじめるように激しいさまという意味があります。

その意味で「爆」という漢字が使われている言葉に「爆笑」があります。

爆笑は、にこにことした笑いではなく、激しく笑うさまを表しています。

これと似ていて、「爆買い」は激しく購入する、つまり通常ではありえないほどの量を一度に購入するさまを表しています。

「大人買い」とは?

「大人買い」には、大人が玩具付きの菓子、漫画などを大量に購入することという意味があります。

そこから派生をして、大人が大量に商品を購入することも意味します。

大人とは、一般的には成人している人のことを指します。

働くことができるのは満15歳からです。

大人になれば働くことができ、働いている大人なら自由に使えるお金があります。

お金を自由に使うことができるので、大量に購入することが可能です。

アルバイトが許されていない子どもでは難しい購入方法といえます。

「爆買い」と「大人買い」の違い

2つの言葉を比べてより激しく購入しているのは「爆買い」の方です。

ありえないほどに大量のものを一度に購入することを意味しています。

また、「爆買い」は購入するものは特定していませんが、「大人買い」は玩具付きのお菓子や漫画などを大量に購入することを主に指しています。

まとめ

どちらも大量に購入するという意味が含まれていますが、大量の程度や何を購入するのかが異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典