スポンサーリンク

「献花」と「供花」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「献花」と「供花」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「献花」「供花」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「献花」とは?

「献花」はなくなった個人の方に花を添えて哀悼を示す行為で、用意された花は葬儀場が用意したものを用いて添えます。

このとき、花を添える場所は葬儀場が用意した場所に添えることで「献花」とするのです。

逆に、葬儀場が花を添える場所を用意してない場合、「献花」は成立しておらず、花を遺棄したとみなされます。

「献花」の使い方

「献花」は必ず、祭儀場関係者が用意した「献花台」という題の上に花を添えることで成立します。

そのため、「献花」の使い方は、花を添えることができる場所があって初めて成立し、添える場所がない場合、花を適当においてもそれは遺棄とみなされるのです。

「供花」とは?

「供花」は祭壇に飾る花で個人が持ち寄り添えることが許された花々です。

ただし、近年では個人が花を持ち寄らず葬儀場が用意した花を飾ることで「供花」とすることが多いです。

「供花」の使い方

「供花」は葬儀場が用意した花で、祭壇やその周囲または会場を飾っている花に対してこの言葉を使います。

そのため、「献花」と分けて考えるために用いられる言葉です。

「献花」と「供花」の違い

「献花」「供花」の違いですが、すでに花を活けてあり備え付けにおいてあるか、これから花を供えるかという違いがあります。

「献花」はこれから亡くなった方に対して花を供えることになり、「献花台」に添えることで成立しますが、「供花」はすでに花を活けており固定されているという違いがあるのです。

「献花」の例文

・『献花台に花を添える』 「献花」「献花台」という花を添える台があって成立し、この台がない場合花を遺棄したとみなされるため、故人の方に対してあまり良い印象を持ってないと葬儀会社側が思われてしまうことがあります。

「供花」の例文

・『供花に用いる花を選ぶ』 「供花」は故人の方のお見送りに使用する花で葬儀会場を飾るものです。

この例は、葬儀会社と相談しながら故人の方のお見送り用の花を選んでいるという例です。

旧来の日本では「供花」に用いる花を親族やその他葬儀に参加する側が自由に選ぶことができいろいろな花を持ち寄ることができたのですが、近年では葬儀会社に一任することも多いのですが、この例では葬儀会社に一任せず、花を選んでいるという例です。

まとめ

「献花」「供花」の違いですが、「献花台」を設けて故人を惜しんでお別れをするのが「献花」「供花」はあくまで会場を飾るために用意した花々です。

ですので違いは、別れを惜しむために備えるか、会場を聞かざるだけという違いになります。

ただ、「献花」は必ず「献花台」を必要としており、この台がないと故人の方に対してお見送りができないものと判断されますので、台を用意してない場合、葬儀会社の印象は悪くなります。

そして、「供花」は昔は自由に花を持ち寄り参加者が会場を彩るというのが「供花」でしたが現在では葬儀会社がその役割を担うことが多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典