スポンサーリンク

「理想」と「希望」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「理想」と「希望」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「理想」「希望」を持つことは、素晴らしい人生を歩んでいくためにも必要なことかもしれません。

この記事では、「理想」「希望」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「理想」とは?

「理想」とは、考えることのできる最善の状態で、完全なもののことを言います。

理念、イデー、または、イデアのことを指し、元々は哲学用語から来ています。

「理想」は、明治時代、プラトンによる「イデア」を日本語に訳した言葉です。

人間の理性と感情の両方を満たす完璧な状態のことを表しています。

「理想」は必ずしも実現する、またはできるものではなく、場合によっては実現不可能なものもあります。

「理想」「現実」がかけ離れすぎている場合は、特に実現が難しいかもしれません。

しかし、実現の可能性はゼロではなく、「理想」「現実」にすることもできるでしょう。

可能性があるからこそ、「理想」を掲げることができますし、またそれに向かって進もうとする力も湧いてきます。

そのため、「理想」を思い描くことで、最高の目標が定まり、人生の大きな「希望」となっていくでしょう。

例文としては、「理想と現実は違う」「理想を現実に変えていく」、あるいは、「理想通りの相手に巡り合えた」などが挙げられます。

「希望」とは?

「希望」とは、そうありたいという願うことや、そうなるという期待などを表します。

「望み」と同じような意味合いです。

「希望」は漠然と描く願望だけではなく、十分に実現できそうなことや状態でも使うことができます。

望んでいることに対して、一筋の光を見出したいと思ったり、実際にその光が見えてくるようなことだともいえるでしょう。

例文では、「希望の仕事に就くことができた」「いくつかの希望を挙げてみた」、または、「ようやく希望の光が見えてきた」などと使うことができます。

「理想」と「希望」の違い

「理想」「希望」の違いを、分かりやすく解説します。

「理想」は最善で最高の状態で、理性と感情が十分に満たされる状態のことです。

これはパーフェクトな状態のことなので、特に「理想」「現実」がかなりかけ離れている場合は、実現はかなり難しいかもしれません。

一方、「希望」の方は、そうありたいと願うことですが、「理想」のようにパーフェクトな状態を望んでいるわけではありません。

なので、実現の可能性は十分にあります。

そのため、「理想」よりも「希望」の方が、「現実」に近い状態だとも言えるでしょう。

また、「理想」の状態は一つが多いですが、「希望」はいくつも挙げることができます。

まとめ

「理想」「希望」も叶えることができれば、これほど嬉しいことはありません。

特に「理想」に関しては、最高で最善の状態を実現するのですから、特に嬉しいことです。

どちらも漠然と想像することはできますが、それを実現し、「現実」に変えていくためには、何らかの行動が必要になってきます。

「思考は現実化する」とも言われます。

「理想」「希望」を実現化していくためにも、まずは自分の感情を心地良い状態に保ち、良い思考により、素晴らしい人生を歩んでいきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典