スポンサーリンク

「生まれた環境を憎むな」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「生まれた環境を憎むな」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、生まれた環境を憎むなを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

生まれた環境を憎むなとは?意味

生まれた環境を憎むなとは、生まれ育った場所が恵まれていなかったからといって、そのことを憎まないようにという意味合いがあります。

そこに生まれるのは運命のため、その運命を受け入れて懸命に生きることが大切だという意味が込められている言葉です。

生まれた環境を憎むなの概要

生まれた環境を憎むなは、自分が生まれた場所が決して劣悪で経済的に困難であったとしても、そのことに怨みや憎しみを募らせて反抗するのではなく、受け入れていい方向へと人生を導くことが大切だという教えが込められています。

この言葉が若い世代に広まったのは、東京リベンジャーズの弐番隊である隊長の三ツ谷隆が発信した言葉からでした。

この三ツ谷は不良グループでありながら手芸をこよなく愛す男で、手芸部で部長を務めています。

父親がいない母親を助けるため2人の幼い妹の面倒を見るなど、心優しい面倒見のいい兄貴でもあるのです。

しかし、三ツ谷はGSX400FSインパルスに「東京卍」のシールを貼り、暴走するのが好きな男。

頼れる兄貴として舎弟を従い、聖夜決戦では隊長としてキメる三ツ谷はいきなり絡むのではなく、初対面でもおおらかに接するところが優しい性格と格好よさを際だ出せるところ。

さらに特攻服をミシンで縫い、仕立てられる格好よさもある三ツ谷は「力を守る為に使えよ」といいことを言う男でもあり、そんな三ツ谷が言うからこそ、「生まれた環境を憎むな」という言葉が若者の心を強く捉えたのでした。

生まれた環境を憎むなの使い方や使われ方

生まれた環境がたとえ人とは違い、ひどい環境であってもそれを憎んでいては前向きに人生を歩けない。

前向きに歩くためにも生まれた環境を憎まず、逆にその逆境をいい方向へと伸ばすことに頭と力を使おうとアドバイスするときに使います。

自分の人生に悩み、落ち込んでいる人がいたら「自分の人生を憎むなよ、乗り越えてみな」と言うときに使う、人の人生を羨んでばかりいる人に対しては「人生を憎むなよ。

自分の人生のいいところを見つけな」
と背中を押すと使われています。

生まれた環境を憎むなを使った例文(使用例)

生また環境を憎むなを使った例文を3つ取り上げます。

・生まれた環境を憎むなよ。与えられた人生をしっかり受け止めて生きろ。

生まれた環境を憎むのではなく、与えられたその人生をしっかり受け止めることで自分の心の中にある人を憎む心もなくなるんだということを伝えるときに使う例文です。

・いいことがないからって生まれた環境を憎むなよ。自分なりにその環境を変える努力をしろよ。

いいことがない人生だと生まれた環境を憎むのではなく、その環境を変える努力をして、いい方向へと向かわせることが大切だと人にアドバイスするときに使える例文です。

・貧しいからって生まれた環境を憎むなよ。俺も親を憎んだけど、家族を支えて生きようって決めたんだ。

貧しい環境であっても、親を憎んでばかりいたら可哀相だと思う気持ちと、父親のいないシングルマザーの家庭を支えることに力を注いだ方が家族を幸せにできるとアドバイスするときに使える例文です。

まとめ

生まれた環境を憎むなよは、自分の生まれた環境が悪くても、そのことばかり考えて生きていては前向きに人生を送れず、何も変わらないことを意味しています。

もっとその与えられた環境を自分の運命だと受け止めて、どのように生きればいいのかを自分なりに考えて生きることが大切だと人にアドバイスするときに使うといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典