「痛烈批判」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「痛烈批判」の意味

「痛烈批判」とは、とても激しく責めながら、間違っている、悪いといった風にあげつらうことを言います。

「痛烈批判」の読み方

「痛烈批判」の読み方は、「つうれつひはん」になります。

「痛烈批判」の表現の使い方

「痛烈批判」を使った表現を紹介します。

「痛烈批判」とは、非常に激しく相手を悪く言い立てるといった意味で使います。

「批判」とはここが悪い、どこが悪いと指摘することですが「痛烈」とつくことで「そこまで言わなくてもいいのでは」と思うほどの激しさ、厳しさであることがわかるのです。

その為「痛烈批判」と言いますのは相手を傷つける言い方とも言えます。

暴言と表現しづらい時は「痛烈批判」と言い換える、そのような解釈でもいいでしょう。

「SNS上で、痛烈批判されて、すっかり落ち込んでいるようだ」「自分が痛烈批判を浴びることで、初めて人の気持ちがわかったこともあるだろう」「そこまで痛烈批判することもないじゃないか」などと使います。

「痛烈批判」を使った例文と意味を解釈

「痛烈批判」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「痛烈批判」を使った例文1

「痛烈批判を浴びせたことで、関係は破綻した」

相手に、非常に激しく、厳しく、ここが悪いなどと指摘することを「痛烈批判」と言います。

しかしその指摘自体が間違っていることもありえます。

ですから言われた側が素直に反省したり受け取ることはない場合もあるのです。

的外れな「痛烈批判」は単なる暴言でしかないでしょう。

例文のように、それまでの関係性は壊れてしまうわけです。

「痛烈批判」を使った例文2

「保守的な人に痛烈批判をされたが、私は自分の考えや行動を変えるつもりはないのだ」

考え方が古い人からは、新しい、自由な考え方は「それでは駄目だ」と悪く言われることが多いでしょう。

激しく否定される、悪く言われることを「痛烈批判」と言います。

例文は、いくら悪く言われようとも、自分は自分を貫くと言っているのです。

「痛烈批判」の類語や類義語

「痛烈批判」の類語や類義語を紹介します。

「容赦なく批判」【ようしゃなくひはん】

「容赦なく批判」とは、相手の過失を許さない、事情も考慮することなく悪く言うことを言います。

「容赦なく批判することがカッコいいと思っている人だから、キツイ言い方をする」「忖度などせず、容赦なく批判する」などと使います。

「罵倒する」【ばとうする】

「罵倒する」とは相手を口汚い言葉で悪く言うことです。

「痛烈批判」も相手からすれば「罵倒されている」と感じることでしょう。

「相手を罵倒するのは自信のなさの表れだ」「嫉妬心から、罵倒するなんて情けない」などと使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典