スポンサーリンク

「相談役」と「顧問」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「相談役」と「顧問」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「相談役」「顧問」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「相談役」とは?

「相談役」は、会社などの組織において経営から社員の教育に至るまですべてを相談可能とするアドバイザーです。

なお、「相談役」となるアドバイザーは仙人の社長だったり、会長という会社の事実上トップだった人物を雇用し、アドバイザーとしてアドバイスを企業側に与えるために今現在の経営者人が「相談役」を雇用します。

ちなみに、「相談役」は、ライバル会社の元社長を引き抜き、アドバイザーとすることも可能です。

ただし、注意すべく点は、「相談役」は実務経験を伴うトップでなければならず、ITの企業に居酒屋さんの経営者を招き入れるなどはあり得ず、今現在遂行しているうえで問題となっている業務の経験者でなければなりません。

「顧問」とは?

「顧問」は、企業の実務において指導したりアドバイスを送ることで会社の従業員を育て上げる立場にあります。

ただ、専門性を必要とするジャンルにおいては、「顧問」は専門性を持っていないものが業務を担当した場合、現場とのミスマッチが起こるため、この場合は、「相談役」を招き入れ問題の対処をはかります。

「相談役」と「顧問」の違い

「相談役」「顧問」の違いは、専門職であり正確なアドバイスを前専門職だった経験からアドバイスが可能であるか、専門性はないが社員を教育する立場にあるかです。

「相談役」は、専門性が無いと成立せず、技術職においては今現在抱えている問題に対応できるだけの実務経験を以前の経験から引き出せないとなりません。

一方、「顧問」はあくまで社員を教育するに徹しており、専門性が出てきた場合、「顧問」は身を引いてアドバイスは送らず専門知識がある、「相談役」のような方にアドバイスをお任せをします。

「相談役」の例文

・『相談役はあくまで相談に徹し、意思決定権を持ってはいけない』
この例は、会社の顧問や相談役に関する定義で、「相談役」はあくまで相談役で、それ以上に会社の意思決定権のトップであることを許さないという例です。

何故なら、そうしないと事実上のトップが社長や役員ではなくなってしまうため、会社の組織が外部から招いた「相談役」に人間に牛耳られてしまいます。

「顧問」の例文

・『顧問は会社の意志の決定に従うのが理想』
この例は、会社の社員の教育に当たる者は、会社の意志に従うことが望ましいという例です。

何故なら、「顧問」も外部から教育係として招いた場合、会社の意志に従わないと企業に不利益を被ると考えることも可能なうえ、顧問の方が権力を持つという危うい状況に陥ります。

まとめ

「相談役」「顧問」の違いは、会社の従業員を教育する立場にあるか、アドバイザーとして専門性の高い知識を与えて教育を施すかです。

「相談役」は経営を握ることはできず、「顧問」も同様ですが、「相談役」は専門性という知識を必要とされ、トラブルに対しての対処法を授ける役割があります。

「顧問」はあくまで、社員を教育して一通り仕事をこなせるよう教育するだけですので専門知識は授けません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典