「秋田犬」と「柴犬」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「秋田犬」と「柴犬」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「秋田犬」「柴犬」の違いを分かりやすく説明していきます。

「秋田犬」とは?

「秋田犬(あきたいぬ)」とは、「国の天然記念物(全7種・現存6種)に指定されている秋田県原産の日本犬(大型犬)の一種」です。

「秋田犬」「忠犬ハチ公」でも有名な犬種ですが、マタギ犬(山岳狩猟犬)を祖先に持ち、そのDNAはシャーペイや柴犬に次いでオオカミに近くなっています。

「秋田犬」は体高が約64~69センチ、体重が約27~41キロになるがっしりとした大型犬で、耐寒能力に優れた二層構造の体毛を持ち、その毛色には赤・白・虎(黒・胡麻は絶滅状態)があります。

「柴犬」とは?

「柴犬(しばいぬ)」とは、「国の天然記念物(全7種・現存6種)に指定されている日本原産の日本犬(小型犬)の一種」です。

「柴犬」は日本でもっとも飼育頭数の多い日本犬種ですが、近年はヨーロッパでも人気が高まっていて多く飼われています。

秋田犬と同じくオオカミに近いDNAを持つ古代犬種の一種です。

「柴犬」は体高が約35~43センチ、体重が約10キロになる可愛らしい顔・雰囲気を持つ小型犬です。

「柴犬」には、「短毛・立ち耳・巻き尾」「赤(赤茶)・胡麻・黒・白などの毛色」といった身体的特徴があります。

「秋田犬」と「柴犬」の違い!

「秋田犬」「柴犬」の違いを、分かりやすく解説します。

「秋田犬」「柴犬」の最大の違いは、「秋田犬」「大型犬(体高約64~69センチ・体重約27~41キロ)」「柴犬」「小型犬(体高約35~43センチ・体重約10キロ)」という体格の違いにあります。

また「秋田犬」「柴犬」に比べると、顔周辺の毛が少し長くて困ったような(猫のような)顔つきをしています。

「柴犬」のほうは「秋田犬」よりも、顔周辺の毛が短くてシャープな締まった顔つきをしている違いを指摘できます。

さらに「秋田犬」の耳は「柴犬」の耳よりも毛が多くてふさふさしており、やや前傾している違いもあります。

まとめ

「秋田犬」「柴犬」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「秋田犬」とは「秋田県原産の日本犬の一種・日本犬の中ではもっとも体格が大きい犬種」を意味していて、「柴犬」「日本原産の日本犬の一種・日本犬の中ではもっとも体格が小さい犬種」を意味している違いがあります。

「秋田犬」「柴犬」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典