「竹」と「笹」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「竹」と「笹」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「竹」「笹」の違いを分かりやすく説明していきます。

「竹」とは?

「竹」の意味と概要について紹介します。

「竹」の意味

「竹」「たけ」と読みます。

意味は「イネ科タケ亜科に分類される草木で、海外にも生息しているもの」です。

「竹」の概要

「竹」は、節があり、真っ直ぐ伸びることで知られている植物です。

アジアの温暖で湿度が高い地域で生息していて、日本以外の国でも見られます。

「竹」は非常に生長が早く、1日で1メートル以上伸びることもあります。

建材や竹細工などに利用される他、観賞用として竹林が作られています。

因みに、パンダの主食は「笹」ではなく「竹」です。

「笹」とは?

「笹」の意味と概要について紹介します。

「笹」の意味

「笹」「ささ」と読みます。

意味は、「イネ科タケ亜科に分類される草木で、日本特有の植物のこと」です。

「笹」の概要

「笹」は、「竹」と同じ種類ですが、日本にしか生息していません。

日本では河川敷や山道などに生い茂っていますが、寒い地域でも育つ為に、北海道でも見られます。

七夕で願いを書いた短冊を取り付けるのは「笹」です。

また、「笹」には防腐作用があるので、ちまきやおにぎりなど、料理を包む為に使われることも多くあります。

「竹」と「笹」の違い!

「竹」「笹」の違いを、分かりやすく解説します。

大きさ

「竹」は上に高く伸びます。

「笹」は中低木になります。

葉の模様

「竹」の葉は格子状になっています。

「笹」の葉は縞模様になっています。

用途

「竹」の葉はパンダの餌になります。

「笹」の葉は食べ物を包む時に使われます。

「竹」は成長すると、皮がなくなり、茎が緑でツルツルとしてきます。

「笹」は、茎の皮は枯れるまでそのままの状態です。

まとめ

今回は「竹」「笹」の違いをお伝えしました。

「竹」「アジアに生息している」「笹は日本特有」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典