「縁が切れる」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「縁が切れる」とは?

少し寂しい言葉として登場する機会が多い、「縁が切れる」という言葉があります。

友達や恋人、あるいは家族と「縁が切れる」経験をした人もいるかもしれません。

また誰かに「縁を切る」と言われた人もいるかもしれません。

そのような経験がある人は、「縁が切れる」という言葉の意味を正確に理解しているでしょう。

一方で、「縁が切れる」という言葉を、今回初めて目にしたと言う人もいるでしょう。

そこで「縁が切れる」の意味や使い方を紹介します。

「縁が切れる」の意味

「縁が切れる」「縁」は、実は仏教用語で、「結果を生じる直接的な原因に対し、間接的な原因」という意味があります。

一般的に「縁」という言葉を使う場合、「親子の縁」のように「血縁的なつながり」という意味や、「人との関わり」「物事との関わり」という意味があります。

そのような「つながり」「関わり」が無くなってしまう事を、「縁が切れる」と言います。

親子であっても、二度と会わないと決めたら、「縁が切れる」事になりますし、友達と会わないと決めたら「縁が切れる」事になります。

「縁が切れる」の言葉の使い方

「縁が切れる」という言葉には、「人との関わりがなくなる」という意味があります。

親子や家族、友達や知り合い、仕事関係者など、人との関わりはすべて「縁」と呼ぶ事ができます。

そのため「縁が切れる」は、様々な人と関わりが無くなった時に使う事ができる、使用範囲の広い言葉と言えるでしょう。

そこで、誰かともう二度と会わないと決めた時、いつの間にか関係性が無くなっていたと気付いた時などに「縁が切れる」という言葉を使ってみましょう。

このように「縁が切れる」は、恋愛の場面でも、ビジネスシーンでも、関係性が消えた時に使う事ができます。

「縁が切れる」を使った例文

「縁が切れる」を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「縁が切れる」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

「縁が切れる」の例文1

「父親と大ゲンカをしたのは事実だが、まさか『縁が切れる』とは思わなかった」

この例文に登場する親子のように、些細なケンカが大ゲンカに発展し、さらに縁を切る事になるような場合があります。

売り言葉に買い言葉のような感じで、「もうお前とは縁を切る」などと啖呵を切る事がありますが、どちらも意地っ張りな場合は、「縁が切れる」事になります。

また無責任な行動を続けたり、親や子供に迷惑をかけ続けた結果、「縁を切られる」事もあります。

親子の間でも「親しき仲にも礼儀あり」という意識を持つ事が大切です。

「縁が切れる」の例文2

「長年連れ添った彼と別れるのは悲しいけれど、最悪な男と『縁が切れる』事はハッピーだ」

この例文に登場する女性は、彼と長く付き合い好きな気持ちがある反面、「最悪な男」というレッテルも同時に貼っています。

このように何かの縁でダメな男を好きになってしまい、長い間「別れよう」と思っていながら、別れられないタイプの女性がいます。

このような女性は、別れる辛さを覚悟してでも、ダメな男、最悪な男との関係を解消した方がいいでしょう。

このように「縁が切れる」事は、悪い事ばかりではありません。

「縁が切れる」の例文3

「忙しく働いている間に、学生時代の友達と『縁が切れて』いた」

仕事に集中している時期は、学生時代の友達と遊びに行く時間がないため、不義理をしてしまいます。

そして仕事が一段落した時には、友達とは連絡すらつかないような状況になっている事があります。

まさに仕事が原因で、人との「縁が切れる」という分かりやすい例でしょう。

どんなに忙しくても最低限の連絡を取ったり、SNSでメッセージをやり取りする時間を取ると、「縁が切れる」ほど疎遠になる事はないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典