スポンサーリンク

「薄化粧」と「ナチュラルメイク」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「薄化粧」と「ナチュラルメイク」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「薄化粧」「ナチュラルメイク」の違いを分かりやすく説明していきます。

女性にとっては常識なのかもしれませんが、男性にとっては違いが分かり辛いとしか言いようがありません。

「薄化粧」「ナチュラルメイク」には、どのような違いがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

「薄化粧」とは?

素顔に少しだけメイクを施した状態を「薄化粧」と言います。

明確な定義があるわけではないので、どのようなメイクを「薄化粧」というのかは、個人差があります。

身だしなみを整えるためであり、人前に出て恥ずかしくない程度のメイクのことです。

一般的にはパウダーで肌の色を明るく仕上げるくらいのイメージですが、自分の欠点を補うだけのメイクも「薄化粧」に含まれます。

例えば、眉毛が薄いことが悩みの種である人の「薄化粧」は、眉だけを描いて終了です。

唇の色が不健康であると自覚しているならば、口紅を塗ることだけは絶対に欠かせません。

異性の前だけでなく、同性の前でも素顔では居られないという人もいます。

ただし、状況によってはフルメイクをしているほうが不自然であると考えるために、「薄化粧」で対応するわけです。

「ナチュラルメイク」とは?

男性が「化粧の濃い女性は苦手」と口にするのはありがちですが、このような人たちに限って「薄化粧」「ナチュラルメイク」の違いを分かっていません。

「ナチュラルメイク」とは、その人に似あうよう不自然さを感じさせないメイクのことです。

つまり、女性たちの本気メイクなのです。

男性たちが嫌うあからさまなメイクにならないよう、細心の注意を払わなければ完成しません。

赤ちゃんのような肌に見せるためには、シミを隠して明るい色に見せるための下地を塗り、さらに明るい健康的な肌色に見えるようパウダーを駆使します。

さらにチークも。

眉毛は形をきれいに整え、重くなりすぎないように色を載せます。

唇はふっくらとした柔らかさを演出するために色を厳選し、仕上がりを上手にコントロールするのは当然です。

このように手間暇を惜しまずに仕上げると自然な美しさが完成します。

これぞ、「ナチュラルメイク」です。

言葉の響きだけで捉えると、「ナチュラルメイク」は手を加えすぎないと思い込んでしまいがちですが、それは誤りなのです。

「薄化粧」と「ナチュラルメイク」の違い

「薄化粧」「ナチュラルメイク」の違いを、分かりやすく解説します。

最低限の身だしなみを整えるためのメイクが「薄化粧」であり、自然に見えるよう技術を駆使したメイクが「ナチュラルメイク」です。

「ナチュラルメイク」は、ささっと簡単に済ませる「薄化粧」の対極にあるメイク方法です。

まとめ

日ごろから口では「薄化粧」を好むと言う男性も、「ナチュラルメイク」の達人の前では「こういうのが好み」と言ってしまうに違いありません。

女性は自分をより良く見せるための術を心得ています。

その究極の術のひとつが「ナチュラルメイク」なのです。

言葉のイメージの囚われ過ぎるるとガッカリを招くことも。

ぜひ気を付けましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典