スポンサーリンク

「製造原価」と「売上原価」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「製造原価」と「売上原価」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「製造原価」「売上原価」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「製造原価」とは?

商品を製造する時に必要な材料費、商品を製造した従業員の給料、それ以外の光熱費などをまとめて「製造原価」と言います。

主に工場などで商品を製造している会社で使われている言葉です。

利益を増やす為には、作業の効率化を図ったり材料を調達するルートを見直すなどして「製造原価」を抑える必要があります。

「売上原価」とは?

商品を仕入れて販売する時に必要な費用のことを「売上原価」と言います。

仕入れた商品すべてに発生するのではなく、売れた商品やサービスに対してのみ計上され、売れ残ってしまった商品は含まれません。

自社の工場で製造と販売の両方を行っている場合は、「製造原価」「売上原価」に含まれることになり業種によって含まれる費用が変わります。

「製造原価」と「売上原価」の違い

「製造原価」「売上原価」の違いを、分かりやすく解説します。

商品を製造する際に発生する費用の事を「製造原価」、商品を販売する際に発生する費用の事を「売上原価」と言い、計上に必要な費用の内容が違います。

まとめ

「製造原価」「売上原価」の内容が混同してしまうと原価の管理をする事ができません。

業種によっても範囲が変わってくるので、しっかり意味を理解する必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典