「視野が狭い人」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「視野が狭い人」とは?

みなさんは「視野が狭い人」という言葉を聞いて、何かを感じるでしょうか。

誰かの顔が浮かんだ人は、「視野が狭い人」という言葉の意味を知っている人でしょう。

一方で、「視野が狭い人」という言葉の意味を、まるで知らないと言う人もいるはずです。

そこで、「視野が狭い人」という言葉の意味や使い方を紹介します。

この言葉を知る事で、自分が実は「視野が狭い人」だと気付く人もいるかもしれません。

「視野が狭い人」の意味

「視野が狭い人」「視野」には、医学的な意味として、「目を動かさずに見える範囲」という意味があります。

「視野検査」などをする時は、この範囲を検査で確かめる事になります。

「視野が狭い人」という言葉における、「視野」は、「物事を考えたり判断したりする範囲」という意味になります。

少しの材料だけで、物事を考えたり判断する人は、「視野が狭い人」と言えるでしょう。

老化などにより前者の意味で「視野が狭くなった人」とは違いますので、注意しましょう。

「視野が狭い人」の言葉の使い方

「視野が狭い人」という言葉を、どのような場面で使えばいいでしょうか。

仕事をしていると、固定観念だけで判断する人や、新しい情報を仕入れずに物事を語る人がいます。

このような人は、判断材料が少なく、現実を把握していない可能性が高いため、「視野が狭い人」と表現する事ができます。

ただし「あなたは視野が狭い人です」と、面と向かって口に出すと、喧嘩の原因になってしまいます。

そこで、本人には直接伝えず、「あの人は『視野が狭い人』だから、取扱に注意して」などと、これから接する必要がある人などに伝える時に使いましょう。

「視野が狭い人」を使った例文

「視野が狭い人」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「視野が狭い人」という言葉を見て、この言葉の使い方のコツを知りましょう。

「視野が狭い人」の例文1

「私の父親は、『視野が狭い人』なので、自分の経験だけで何でも決めつける。父が青春時代を過ごした時代と、現代を生きる私の周囲の世界が同じわけないのに、父は同じだと思って何でも判断する」

この例文に登場する父親のように、過去の経験則だけで、世の中を判断しようとする人がいます。

しかし時代はどんどん進んでいるため、経験則だけでは語れない事もあります。

新しい情報を仕入れようとしない人は、「視野が狭い人」と呼ばれてしまいます。

「視野が狭い人」の例文2

「友達のAは、自分の考えを正しいと思うタイプの人だ。例えば自分が好きなテレビ番組は、誰が見ても面白いはずと思ってる。しかし、そんなわけがない。Aは『視野が狭い人』だ」

この例文のAさんのように、自分の考えが正しいと思ってしまうと、新しい情報を仕入れる必要性を感じなくなります。

結果的に「視野が狭い人」になるでしょう。

決めつけや独善的な考えをしがちな人は、「視野が狭い人」予備軍と言えるでしょう。

「視野が狭い人」にならないために大切な事

「視野が狭い人」

は、自分の考えが正しい、自分が経験した事がすべてだと思いがちです。

成功体験が多い人ほど、このような罠に陥りがちです。

そこで、「視野が狭い人」だと自分で感じたら、行動を改善してみましょう。

まず「人の話をよく聞く」ようにする事をおすすめします。

その場合、今までの友達以外に話を聞いてみましょう。

他業種の人、世代が違う人と会って話を聞くと、新しい見方がある事に気付きやすいでしょう。

また「行った事が無い場所に行く」のもおすすめです。

つい行けば楽しいと分かっている観光地に行きがちですが、あえて行った事が無い場所に行き、見たことが無い景色や文化に触れる事で、視野が広くなるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典