「誤解」と「誤認」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「誤解」と「誤認」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「誤解」「誤認」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「誤解」とは?

「誤解」の意味と使い方について紹介します。

「誤解」の意味

「誤解」「ごかい」と読みます。

意味は「ものごとを間違って理解や解釈すること」「相手の言葉の意味を取り違えること」です。

「誤解」の使い方

「誤解」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「ものごとを間違って理解や解釈すること」という意味で「彼が犯人だと誤解していた」などと言います。

ものごとをよく見たり聞いたり調べたりせずに、自分の持っている情報だけで判断してしまう時の表現です。

2つ目は「言葉や文章の意味を取り違えること」で、「『適当に』の意味を誤解していた」などと言います。

言葉の意味自体を間違って覚えていたり、言葉の使い方自体が不明瞭で間違って解釈する時に使われます。

上記に共通するのは「考え違いにより生じる」という点です。

「誤認」とは?

「誤認」の意味と使い方について紹介します。

「誤認」の意味

「誤認」「ごにん」と読みます。

意味は「誤ってそれと判断すること」「見間違えること」です。

「誤認」の使い方

「誤認」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「誤ってそれと判断すること」という意味で「誤認逮捕された」などと言います。

2つ目は「見間違えること」という意味で「人がいたと思ったが誤認だった」などと言います。

上記に共通するのは、「内容を理解する以前に、最初から間違ってそう判断すること」という点です。

「誤解」と「誤認」の違い!

「誤解」「ある事実について、考え違いにより間違って理解や解釈すること」です。

「誤認」「ある事実について、最初から間違ってそう判断してしまうこと」です。

まとめ

今回は「誤解」「誤認」の違いをお伝えしました。

「誤解は考え違い」「誤認は思い込み」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典