スポンサーリンク

「車掌」と「運転士」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「車掌」と「運転士」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「車掌」「運転士」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「車掌」とは?

「車掌」の主な仕事内容は、駅のホームでの適切な案内、電車の車内での適切な案内となります。

実際に電車に乗り勤務することもある「車掌」

車内では、車内放送や出発時刻、到着時刻の確認、万が一の際のトラブル対応、事故対応を行います。

電車内でよく耳のするマイクでの車内放送が「車掌」の仕事です。

ドアの開閉を行うのも「車掌」の仕事となります。

このようなことから、「車掌」の仕事は、車内の統括とも考えられ、様々な業務を一人でこなすものとなります。

各鉄道会社へまずは就職することで「車掌」に一歩近づくことができます。

大卒ではなく高卒の方が多いのが特徴です。

ただし、学歴だけではなく採用されるためには、色覚に異常がないこと、矯正眼鏡視力が1. 0以上という2点をクリアする必要があります。

これは、安全確認を行う上で必要なこととなり、避けることはできません。

「運転士」とは?

「運転士」の主な仕事内容は、決められた目的地まで、人や荷物を安全に運ぶものとなります。

「運転士」になるためには、まずは、各鉄道会社に就職することから始まります。

その後、数年間は駅員や「車掌」として勤務し、その後、希望を出し「運転士」となります。

「運転士」の場合、車の運転免許証と同じく試験に合格する必要があります。

鉄道の「運転士」になるためには、国家資格となる「動力車操縦者運転免許試験」に合格しなければなりません。

また、「動力車操縦者運転免許試験」に合格したからと言って、すぐに完璧な「運転士」となれるわけではなく、日本の鉄道ダイヤの場合、秒単位でダイヤが作られており、それに沿って安全に時間通りに電車を走行させる高い技術が求められます。

「運転士」を希望する場合、特に学歴を気にする必要はなく、高卒採用が多いのが現状です。

「車掌」と「運転士」の違い

互いに協力し合い電話を安全に運行させるといった共通点を持つ「車掌」「運転士」ですが、その仕事内容は異なります。

「車掌」は、駅のホームや車内での安全確認、車内放送、トラブル対応が主な仕事となり、「車掌」がこのような仕事を一人で請け負ってくれることから、「運転士」は運転に集中することができる、そんな関係性にあるのが「車掌」「運転士」の関係です。

そのため、どちらが偉いということはありませんが、「運転士」の場合は、国家資格を取得しないとなることができないといった面においては、「車掌」とは大きく異なってきます。

まとめ

子どもの憧れの職業とも言える、「車掌」「運転士」の仕事。

以上が、「車掌」「運転士」の違いです。

どちらも、各鉄道会社に勤務する社員です。

多くの「車掌」「運転士」が、駅員の仕事などを経て、「車掌」「運転士」となっています。

「車掌」「運転士」には、各鉄道会社に就職後、どの仕事を希望するかといった違いとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典